RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【台湾】阿里山の染井吉野を救え!日本から8人の樹木医が来台
阿里山の染井吉野を救え!日本から8人の樹木医が来台

阿里山には1000株の染井吉野があり毎年3月4月には満開となり、多くの観光客が訪れる。しかし10年以上前から「サクラてんぐ巣病」が見られ、感染が拡大している。嘉義林区管理処は毎年100万元をかけて治癒にあたってきたが効果が見られないため中興大学園芸科と協力し、日本から8人の樹木医を招いた。一行は台湾内では初の手法を用いており、早ければ4カ月から半年で効果がみられると期待されている。

なる台NEWS
http://www.naruhodo.com.tw/news/search.php?page_num=0&no=10125

▽過去記事
【台湾】『フォルモサ便り』 台日を結ぶ花の架け橋
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=1657



「台湾の声」【ルポ】台湾の「花咲爺さん」 2007/04/30付の記事
http://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407
台湾の内陸部に位置する南投県埔里の町。この埔里から霧社まで、約二十数キロの 山道に、いまも桜の木を植えつづけている方がおられます。今年、八十三歳をむかえた王海清さんです。お訪ねしたのは、一月末でしたが、沿道には王さんが植えられた、うす紅の山桜の花が満開でした。

<高雄に花咲く同期の桜>
王海清さんは、日本の統治時代に国民学校で六年間、日本の教育をうけました。
そのとき、いちばん心に残ったのが、国語の教科書にのっていた「サイタ サイタ サクラガ サイタ」でした。
子供心にも、まだ見たこともない桜へのあこがれが、このころに芽生えたといいます。
そして昭和十七年、王さんは志願兵として、高雄の海軍陸戦隊に入隊。
「徴兵じゃないよ、志願兵だよ」と、王さんは何度もほこらしげに話されます。
そして、そのときにうたった『同期の桜』を、うたってくださいました。

貴様と俺とは 同期の桜 同じ高雄の 庭に咲く
 咲いた花なら 散るのは覚悟 見事散りましょ 国のため

これ、日本時代の兵隊の歌。パッと咲いて、パッと散る。サッと散るのは、お国のために死にましょうという心。歌って、思って、考えてみたよ。これが桜にこめた日本人の心だよ」

<黙って、ひとりで始めること> 
沖縄での激戦に参戦するために、高雄で待機していた王さんの部隊でしたが、輸送船がつぎつぎと撃沈されたために、そのまま終戦を迎えました。戦後まもなく、王さんが移り住んだのが霧社でした。そこには、日本人が植えた桜が、数百本も残っていたのです。
それが、王さんが生まれてはじめて目にした桜でした。
「桜を見た、うれしかった。ああ、これが桜だ、と思った」
ところが、その桜が、道路拡張工事のために、一本残らず切り倒されたのです。
王さんはそれが残念でたまらず、村の役場や有力者の人々をあつめて、桜を植える相談をしました。だれが何本、だれが何本と、桜再生の相談はまとまりましたが、いつまでたっても、だれひとりとして、桜を植えようとはしません。
そこで王さんはひとり、だれにも告げず、日本人が植えた桜の種から育てた苗を、霧社から埔里への沿道に植えはじめました。その数はなんと、一年間で三千二百本。

<これが日本精神だよ>
やがて大きく育ち、白や紅の花を咲かせるうつくしい桜。その桜のうつくしさにひかれて、根こそぎ桜の木を持ってゆく人が、跡をたたなくなりました。
 抜かれては植え、抜かれては植え、この二十年間で、王さんが「補足」した桜は、千八百本にもなります。あるときは、桜の木を盗んでいるのを見た人が、そのあとを尾行して王さんに、「盗んだ人の家をつきとめたから、警察に突き出しなさい」と言いました。
でも王さんは、その人をとがめようともしません。
「いいんだよ、その人が取って帰って植えても、人が見て、きれいだなと思ってくれたらいいよ。個人じゃない、みんなが見てくれたらいいんだよ」
 道ゆく人が、桜を植える王さんを見て声をかけます。
「いくらで雇われてるんだね?」 
村から雇われて桜を植えていると思うからです。
「月に二万元だよ」
自分でお金を出して桜を植えていることなど、だれも信じてくれないので、そう言いつづけてきたのです。
「黙って植えて、桜が咲く。それが私の成功」

あるとき、自動車事故で、王さんの植えた桜の木があったために、命が助かった人がありました。その事故がきっかけとなって、王さんが二十年間、無償で桜を植えつづけたことが、はじめてわかったのです。そして、台湾では個人としてははじめて、台湾交通部(日本の国土交通省に当たる)から、最高の栄誉である「金路賞」を受賞したのです。

 インタビューにうかがった翌朝、王さんはいつものように五時に起きて、霧社から歩きはじめます。脳梗塞で動かなくなった右手にかわって、左手に剪定鋏をさげて……。
「王さんは、死ぬまで桜を植えつづけるんですか?」
「桜を植えると決めたら、植えつづける。これが日本精神だよ」
そのひとことが、台湾の心地よい風と、桜の彩りともに、いまもわたしの心の奥にひびいています。
灯里「治るといいですね」
藍華「でもソメイヨシノってそろそろ寿命なんじゃ・・・」
アリス「桜は基本的に病気に弱いですからね。樹医さんにはがんばって貰いたいものです」
3 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
まあ染井吉野は弱いからねえ

14 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
沖縄に染井吉野を植えようと、10年くらい毎年頑張ったがむりでした
自衛隊も随分やったらしいが、同じく駄目だったらしい
桜は寒い冬を経験しないと開花しない
台湾も高地なら、冬寒いところも有るだろうから植わるのだろう。

23 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>14
ソメイヨシノは積算温度で開花する植物だからね。
そういうタイプの植物は冬の寒さにあてないと、
冬の後に安心して咲ける季節が来た、と思ってくれない。
温暖化、なんとかしないとなあ。

25 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
てんぐ巣病とか、遺伝子の病気の根頭がんしゅ病って基本的に治療不可って事になってるけど
軽症なら抗生物質と病巣を切除した後、傷口の焼却が推奨されてるけどこれって一定の効果はあるの?

27 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>25
天狗巣病に関する知識はないが
根頭ガンシュ病は、細菌性の病気だったはずだ。
植物の遺伝子を書き換えて、自分の栄養を補給する事を可能とする
実に機用な細菌によるものだ
いまのところ治療薬はないな。
対応方法は、これ以上、感染が広がらないように病気をもった株を処分して
土壌を消毒するのが一般的だ
株に耐性を持たせる薬も存在する事は存在するが、桜にも効くかどうかは知らない

28 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>27
バクテローズは既に耐性菌が出てるらしいよ。
あれって外来種の単一生菌による拮抗とアグロシンによる抗生物質の殺菌作用だから作用点が狭いから出るんじゃないかな。
まじでにっくきこの病気('A`)

26 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
ソメイヨシノのような園芸種は寿命がもともと短い
原種なら樹齢ウン百年とかがあるが
ソメイヨシノは五十年くらいしか寿命がなく
江戸時代には二百種くらいあった園芸種が、明治維新後のごたごたで管理されなくなると
僅か二十年ほどの間に半分以上が失われた例もある

何れにしても台湾のソメイヨシノは何時の時代に植えたものかは知れないが
戦後の事だよな

29 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>>26
ソメイヨシノの寿命は短いといわれるけど
弘前のソメイヨシノはもう100年以上になってる
ちゃんと扱えば寿命は延びるよ

まあ弱い品種であることは確かだけど。

31 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
桜の木は病気になりやすいとは聞く。

32 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
桜伐るバカ梅切らぬバカってやつか。
太い枝を普通にブッタ切っちゃいけない植物って
かなりの手間だよな。

そんな野生ではあっという間に淘汰されそうなソメイヨシノを
自生種ニダと言い張る韓国。



↓読んだらポチッっとおながいします↓

JUGEMテーマ:台湾ニュース


author:玉置 麗華, category:[台灣]ニュース, 23:39
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:39
-, -, pookmark