RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【台湾】いまなお慕われている日本人教師
台湾教育精神のシンボル、六士先生

 台湾の近代教育の嚆矢[こうし]となるものは、近代国民教育に従事した六士[りくし]先生の「芝山巌[しざんがん]精神」と「教育勅語」のふたつによって支えられている。

台湾 六士先生 芝山巌

 六士先生とは、台北郊外の芝山巌で土匪に襲撃され命を落とした六人の日本人教師のことであり、大義のために危険を顧みなかったその姿と気概が「芝山巌精神」としていまもなお多くの台湾人に語り継がれている。
 台湾における教育改革は、戦後、「植民地教育」であると非難されるが、私は小学校に入るまで母からよく「芝山巌精神」を聞かされ、「教育勅語」を暗記したものだった。そこには、戦後に非難されるような悪いイメージはなかった。
 先述したように、一八九五年六月、清国兵士によってさんざん略奪、放火された後、台北に無血入城してきた日本軍は、民家を借りてすぐに国語教習を開始した。この当時、伊沢修二学務部長は六名の学部員を引き連れ、台北城北部の八芝蘭[パツチラン]にある恵済宮[けいさいぐう]の寺廟に学務部を置いた。そして、芝山巌学堂にて日本語教育をはじめたのである。開始当時は生徒はわずか七名であった。六人の教師の名は、次のとおりである。

  楫取道明[かとりみちあき]  山口県出身 三十九歳
  関口長太郎         愛知県出身 三十九歳
  中島長吉          群馬県出身 三十七歳
  桂金太郎          東京府出身 三十七歳
  井原順之助         山口県出身 二十四歳
  平井数馬          熊本県出身 十八歳

台湾 六士先生

 六士先生のひとりである楫取道明の母親は、吉田松陰[しょういん]の妹の寿子[ひさこ]と小田村素太郎(後に揖取素彦[もとひこ]と改名)との間に生まれた子である。父は、松陰の後継者といわれ松下村塾[しょうかそんじゅく]の塾頭として活躍し、後に宮中顧問官、貴族院議員として男爵まで授けられた人物である。
 道明は華族に列せられながらも開化教育に燃え、「化外の地」にみずから進んで赴いた、台湾教育に献身するさきがけ的存在であった。士林名家の出身で後に街長となった潘光楷[はんこうかい]の『回顧三十年』には、道明先生と起居を共にして教えを受けたとある。
 最年少の平井数馬は、日本最年少の十六歳の若さで高等文官試験に合格した優秀な人材であった。
 当時、六士先生は、芝山巌はいつ土匪が来襲するか分からない危険な場所であると、教え子たちから聞いて知っていた。教え子たちからは、早く逃げろとも勧められていたのである。しかし、当時の「先生」としては、逃げることなどできるわけがなかった。なぜなら彼らは、開化教育に献身するという大義名分を持っており、日頃から生徒にもそう説いていたからである。
 六士の大義名分を護る意志は堅く、次のようなことを常日頃から生徒に説いていた。
 「日本による台湾の占領は略奪の結果ではない。日本の天皇陛下と支那の皇帝陛下との条約によって決められたことであり、我が師に向かって敵するのは支那の皇帝に不忠を働くことであり、大義名分を知らぬことである」
 確かに、この説には一理ある。国際法的には、下関条約によって台湾を日本に永久割譲することが決定した。それを受け入れた以上、清国の両広総督のように台湾の売却や特権賦与を餌に、英米仏露諸国との交渉を画策するなどは不忠であり、国際法違反でもあろう。
 この論理で考えれば、芝山巌から早く逃げろと言われても、生徒に向かって大義名分を説いている教師が、やすやすと使命を投げ出して逃げられるわけがない。楫取道明は、その覚悟のほどを次のように言っている。
 「我々は平常生徒に向かって、大義名分を能[よ]く教訓して良民にしようというに、今匪賊が来たからといって逃げるとは何事ぞ。止まって彼らを説得するのが当然である。我らは国家のためには生命も惜しまぬということは常に言うておる。それに、我らが逃げたとなったら教育者の本分が立たぬ」
 芝山巌事件は、教育開始から半年後の一八九六年元旦に起こった。六人の教師は、新年拝賀式に参列するため台北に向かっていた。しかし、その前夜未明に台北城は匪襲を受けていたため、渡し舟がなかったのである。
 やむを得ず彼らは芝山巌に引き返す。そして、正午近くになって再び山を降りようとした途中、運悪く百余名の土匪に遭遇してしまう。六名は事情を説明し話し合おうとしたが、相手は「話せば分かる」ものではなく、「問答無用」の輩だった。たちまち白兵戦となったが、多勢に無勢で六名と用務員一名(小林清吉、軍夫)は、あっという間に殺害されてしまった。
 殺された七名の首級は、首魁[しゆかい]・頼昌[らいしよう]の家の門前に掲げられたとも伝えられている。さらに、芝山巌伝習所内の教室や寝室などから、六士先生の所持金や運営資金はすべて奪われていた。事件から八日後、首級のない遺体が発見された。
 六士先生の遺灰は、それから半年後の七月一日、芝山巌に墓碑とともに安置され、第一回の慰霊祭が行われた。彼らを祀る芝山巌神社も建てられた。こうして、六士先生と彼らの精神は、台湾における近代国民教育の鑑として、多くの人から敬われることになったのである。
 その後も、台湾の開化教育に従事して殉職した教師は三百二十七名にも及んだ。その悲劇に鑑[かんが]み、開化教育は六士先生をモデルに聖職とされた。伊藤博文総理も、始政一周年の際に台湾を訪れ、「学務官僚遭難之碑」をみずから提案して、殉職した教師の記念碑を建てさせている。

土匪を民族英雄にでっちあげた中国人

 しかし、戦後、国民党軍は台湾に入ってきてから、この「日本教育」のシンボルに対抗せんとしたのか「六士先生殉職」の記念碑をぶち壊し、墓碑銘をセメントで埋めた。その代わりに、特務のボスであった戴笠[たいりゅう](雨農[うのう])を記念した雨農記念図書館を芝山巌に建てた。
 戴笠とは、蒋介石お抱えの殺し屋で、暗殺などで政敵数十人を葬った人物であり、終戦直前に原因不明の飛行機事故で墜落死している。この記念図書館は、蒋介石ただ一人に忠誠を尽くすシンボルという意味合いがあったのである。
 後になって、台湾籍日本人の書道家である陣内伯台氏は、セメントで埋められてしまった伊藤博文と後藤新平が揮毫[きごう]した石碑を、丹念に時間をかけて復元させ、拓本をつくり、六士先生の遺族に贈呈した。
 芝山巌神社も打ち壊され、土匪は「義民」として民族英雄にでっち上げられた。そして、歴史程造の記念碑がつくられて、台湾の祖国復帰と「反日抗日」の歴史が調われたのである。
 国民党軍は日本人墓地打ち壊しに夢中となり、記念碑も墓碑も銅像も何であろうとかまわず壊しまくった。中国では王朝が代わるたびに宮城、京師[けいし](首都)で大虐殺があるのが習慣であり、お決まりの行事のようなものだった。そのため、六士先生の遺骨は国民党軍によって道端に捨てられ、神社は取り壊されたが、地元の恵済堂の住職が無名の碑を建て、丁重に弔ってくれている。
 六士先生の記念碑は、つい最近に至って教え子たちによって再建されたが、それさえも中国人によって襲撃され壊されたことがある。中国人の墓暴きの習性がいかにしつこいものかが、よく分かるだろう。
 「六士先生の墓」が再建されたのは、一九九六年六月一日だった。士林国民学校校友会の会長である林振永[りんしんえい]氏が中心となり、芝山巌事件百周年記念行事として盛大な式典が行われた。当時の台北市長・陳水扁氏も挨拶にかけつけた。日本からは、元労働大臣の藤尾正行氏ら三十四名が参加し、士林公学校卒の尼僧・河宝祝[かほうしゅく]住職が日本語にて般若[はんにゃ]経を唱え、鎮魂の法要を行った。

台湾 六士先生 墓



黄文雄著『台湾は日本の植民地ではなかった(台湾は日本人が作った)』



↓皆さんのクリックが励みになります↓
banner_03.gif 


author:玉置 麗華, category:[台灣]ニュース, 00:00
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -, pookmark