RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【台湾】「日本人よ胸を張れ!」…“老台北”蔡焜燦氏、日本への思いを語る
 司馬遼太郎著「台湾紀行」に博識の“老台北”として登場する著名な台湾の実業家、蔡焜燦(さいこんさん)氏(80)が23日、東京・大手町の産経新聞東京本社を夫人の李明霞さん(81)とともに訪れ、「心のふるさとは京都だ」などと、1時間あまりにわたって日本への思いを語った。

 戦前の台湾で教育を受けた日本語世代の一人で、自ら「愛日家」と称する蔡氏は、自信を失いかけた日本人に事あるごとに、「日本人よ胸を張れ!」と檄(げき)をとばすなど、民間レベルで長年にわたって日台交流を実践してきた。

 また蔡氏は、日台の若者が交流する「日台文化交流 青少年スカラシップ」(産経新聞社、フジサンケイ ビジネスアイ主催)で研修生受け入れにも力を尽くしている。

 こうした労苦に対し、日本人の有志を代表する形で産経新聞社とフジサンケイ ビジネスアイはこの日、蔡氏と夫人に感謝状と記念品を贈った。

 蔡氏と夫人は京都、大阪を経由して5月1日に台湾に戻る予定だ。



 蔡焜燦氏の同日の講演の要旨は以下の通り。

 「“愛日家”というのは私の造語だ。現在の私たちは元日本人としか言えないが、首から上は今でもニッポン的。おばあちゃん(蔡夫人)は寝言も日本語。にぎりずしが大好きで、昨夜も寝言で『小鰭(こはだ)』などと言っていた

 「司馬遼太郎先生から以前、心のふるさとはあるかと聞かれたとき、京都と答えた。昭和20(1945)年、終戦後に京都府美山町(現南丹市)で2カ月ほど炭焼きをしていた。今も京都の黒瓦の建物や五重塔を見るだけで落ち着く。ふるさとに帰ってきたつもりだ

 「(昭和8年に蔡氏が入学した台湾台中の母校の)清水(きよみず)公学校は、日本全国どこにもなかった校内有線放送設備や16ミリ映画の映写設備があった。その副読本だった『総合教育読本』を卒業生や日本の方々に読んでもらいたいと思い、復刻版を(自費で)出版した。日本の方々に、もっと自信を持ってもらいたいからだ

 「これが植民地の学校だろうか。植民地、植民地といって(統治時代の問題など)でたらめなことをいう人がいるが、(副読本は)日本人が当時、こんなにも高い教育を台湾で行った事実の証明ではないか

 「昨日(22日)に靖国神社の春季例大祭に初めて参加した。今年から4月29日は『昭和の日』になった。その日に私たちが日本にいることは、感慨深い」

フジサンケイビジネスアイ
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200704240045a.nwc

▽関連記事
【台湾】いまなお慕われている日本人教師
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-1256.html
「これが植民地の学校か」“老台北”蔡氏が戦前台湾の「綜合教育読本」復刻出版
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-946.html
日本と台灣 極東の民主国家
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-1136.html
台湾・基隆 大日本帝国が整備した港湾
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-1109.html
60年目の2・28事件=台湾
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-1040.html
高砂義勇兵Flash
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-815.html
【台湾有情】総統府に日本人の軌跡
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-734.html
日本軍人の霊を祭る廟
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-723.html
歴史再評価、台湾で一歩 教科書刷新
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-496.html
高座海軍工廠と台湾少年工
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-506.html
金さん、(・∀・)カクイイ!!
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-138.html
「台湾蓬莱米の父」と呼ばれた日本人、磯永吉の手稿が発見される
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-192.html
戦前の日本映画 台湾で大量発見 ネット公開中、お宝映像も?
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-144.html
八田與一を偲び、日台150人が烏山頭に集う
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-844.html
「高砂義勇兵」碑は存続 台湾が妥協案、残る8基は撤去
http://maokapostamt.blog77.fc2.com/blog-entry-75.html

蔡焜燦-wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%94%A1%E7%84%9C%E7%87%A6



蔡氏は終戦時、岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に所属していました。
蔡氏の著書『台湾人と日本精神』には戦後の混乱の様子、朝鮮人の蛮行の事などが書かれています。

昭和20年8月15日、終戦の詔勅下る。 山奥での作業中に年輩の応召兵が『敗けた!』と隊からの伝令を口にしたまま、呆然と立ちすくんでいた。 我々は何が起こったのかさっぱりつかめない。無理もない、玉音放送があることすら知らされていなかったのである。 ただ中隊長の青ざめた表情は自体の深刻さを物語っていた。しばらくして、敗戦の事実が我々台湾出身生徒にも正式に伝達されたとき、悔しさと無念の気持でいっぱいになり、とめどなく込み上げる涙で頬を濡らしたことはいまでも鮮明に覚えている。無性に悔しかった。それは他の台湾出身生徒も同じ心境だった。 他方、朝鮮出身の生徒達は、その日から食糧倉庫、被服倉庫を集団で強奪するなど、したい放題のありさまで、我々は複雑な心境でただそれを眺めていた。日本人を殴って、『戦勝国になったんだ』と威張りちらす者もいれば、『独立だ!』と気勢を上げる輩もいる。敗戦の報は、それまで一つだった”国民”を三つの国民に分けてしまったのである。

「敗戦の詔勅」が発せられた翌日の8月16日、水平射撃用に改修を終えた対空機関砲で上陸してくる米兵を迎え撃つべく和歌山に移動するとの伝達があり、四門あった砲の射手の一人を私が務めることになった。だが、このときは正直いって心が揺れた。『また行くのか… 』、祖国のために殉ずる気持ちで出征したのだが、いまとなっては”生”への執着が顔を覗かせる。 この日の夜も朝鮮人生徒達が独立を叫ぶ傍らで、40名の台湾人生徒も小さな単位でひそひそと今後を話し合う光景が見られた。『俺達はいったいどうなるのか… 』 『我々は“中国”へ帰るみたいだ』 『それなら俺達も一等国の国民じゃないか… 』がっくりと肩を落とした日本人を気遣いながら、そんな会話が小声で交わされるのだった。

そして8月17日の夕方、連合軍の命令で我が隊の武装解除がはじまり、日本人は復員することが決定した。もちろんこれで例の”本土決戦”の計画も自動的についえた。しかし残務整理は日本人事務官でこなせるものの、兵隊がいなくなってしまっては武器庫や飛行機などの警備ができない。そこで進駐軍がやって来るまでのおよそ二ヶ月間、学校、練兵場、格納庫、武器庫など、あらゆる軍の施設を我々40名の台湾人生徒が守ることになったのである。『朝鮮人は信用できない。だから君たち台湾人が守ってほしい』そう言い残して去っていった上官の言葉を、これまで経験してきたもろもろに照らし合わせて了解した。

昭和20年10月、奈良教育隊に米軍が進駐してくると、我々もようやく施設警備の任を解かれることになった。
(中略)
昭和20年12月、連合軍の命令で台湾への帰還を命ぜられる。
苦しいこともあったが、離れて久しい故郷台湾の地を踏める。そんな喜びに胸を膨らませ、私は引き揚げ列車に揺られた。新聞は、近衛文麿元首相の自決を報じ、列車の中では戦勝国民となった朝鮮の連中が威張り散らしている。ああ、日本は本当に負けたんだ……目にするそんな光景が私に日本の敗戦を教えていた。私は終戦の日をもって"戦勝国民"になったはずだが、やはり心の底でまだ自分は日本国民だという意識があり、複雑な心境で"敗戦"を思った。少なくとも、私は戦勝国民になったことを手放しで喜ぶことなどできなかったのだ。

心の切り替えができない私は、誰から見ても敗戦で肩を落とした日本人に見えたのだろう。また日本兵の軍服で汽車に乗り込んでいた私は、8月15日をもって急に威張りはじめた連中の嫌がらせを受けた。 座席の中に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれ、それを奪い返そうとすると、『なんだお前、朝鮮人をバカにするな!降りて来い!』と、たちまち数人に取り囲まれてしまった。多勢に無勢、勝ち目はない。こうなっては『すみません、私の記憶違いでした』と謝り、難を逃れるしか術はなかった。

それから佐世保に到着するまでの30時間、連中は執拗に私を含め多くの日本人乗客をいびり続けた。若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、次の駅で窓から降りるよう指示するなど、この連中のあまりにも情けない行状を、私ははらわたが煮え繰り返る思いで眺めていた。ただ黙って見ているしかなかったのである。
(中略)
佐世保キャンプで私は面白い場面にも遭遇した。 あの引き揚げ列車の中で、私を含め敗戦で意気消沈する日本人をいびり続け、肩をいからせていた朝鮮人たちが、「中華民国台湾青年隊」の腕章をつけた我々におべっかを使って擦り寄ってきたのである。それは中華民国が連合軍の一員であったからに他ならない。弱い者には威張りちらし、強い者には媚びへつらう、そんな彼らの極端な習性を目の当たりにした思いがした。なんとなくいい気がしない。とはいうものの、大国の狭間で生活してゆかねばならなかった地政学的な環境が、そうした一個の民族性を育んだのだから、いまさらそれを責めても仕方なかろう。

蔡焜燦著『台湾人と日本精神』
台湾人と日本精神




台湾 よいとこ 一度はおいで どっこいせ〜♪



日台友好


↓皆さんのクリックが励みになりまつ☆↓
 


author:玉置 麗華, category:[台灣]ニュース, 12:24
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:24
-, -, pookmark