RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【台湾】台湾有情 廟に響く君が代
 台湾南部の台南の郊外に、終戦前年の空中戦で米軍機に撃墜された日本海軍の零戦パイロット、杉浦茂峰少尉を祭る廟がある。「鎮安堂 飛虎将軍廟」。杉浦少尉は、集落への墜落を避けようと機体を引き起こして、間一髪でその惨事を回避したものの、自身は機銃掃射を受けて戦死した。

 勇気ある行動に感動した地元の有志が、「少尉の霊を慰めよう」と、1971年に小さなほこらを建立。「商売は繁盛。宝くじも当たる」といった「霊験」も広まり、ほこらは崇拝の対象となった。日の丸を掲げている廟内には、少尉の「神像」が遺族から贈られた遺影とともに祭られ、管理担当の曹芳さん(76)によれば、毎朝5時、村人が君が代を斉唱する。

 ところが、この君が代のCDが今年初め、連日の酷使に耐えきれず、不調になってしまった。「(年間1000人を超す)日本人参拝者の訪問時にも君が代は欠かせない」から、無理もない。

 これを知った台北在住の日本人駐在員、渡辺崇之氏(34)が先月、廟を訪れ、「日本人の勇気に手を合わせる台湾の人々に感動した。日本人として感謝したい」と新品を寄贈した。実はCDプレーヤーも寿命が近づいている。曹さんはしかし、「杉浦少尉は命をかけ村を守った。今度はわれわれが神となった少尉を守る」と話している。(台北 長谷川周人)

Sankei Web
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070511/chn070511002.htm

▽関連記事
【台湾】いまなお慕われている日本人教師
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=1607
台湾・基隆 大日本帝国が整備した港湾
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=1389
日本軍人の霊を祭る廟
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=851
「台湾蓬莱米の父」と呼ばれた日本人、磯永吉の手稿が発見される
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=223


・゚・(つД`)・゚・
ものすごくいい話なんですが、いかんせんこの記事を読むと……

CDとCDプレイヤー買って☆

と言ってるような気がして仕方ないのですが……

つか、CDプレイヤーなんて、1〜2万でもあるんじゃない。
あ、安いの中国製だからダメか。

もまいら、買って送ったげw



杉浦茂峰少尉墜死の状況
「昭和19年10月12日、大東亜戦争も末期に近く、米軍は台湾各地に航空決戦を挑んできた。
午前7時19分、米軍機台南来襲、日本零戦は上昇し空中戦、零戦は勇敢に戦ったが、数を頼む米軍機には勝てず、一機又一機と撃墜されていった。
そのうちの一機は尾翼より発 火し、海尾の大集落へ向かって落下していった。
このまま落下したら、海尾の町は大火事になる。
そのとき、零戦は機種を上げて上昇し、海尾の町をはずれ東方の畑の方へ飛び去った。
飛行士は落下傘で飛び降りたが、グラマンの機銃掃射を浴びて、落下傘は破れて、飛行士は墜落した

http://www.nippon-taiwan.jp/yougo.html

一応、脱出した敵兵は『撃っちゃならん』ていう不文律があったはずだけどねえ。
白人(特にヤンキー)は海でも陸でも空でも無視するからねえ。



2ちゃんのほうでは、台湾いいはなし特集になってるよw
なのでちょっと抜粋。
「台湾の声」【ルポ】台湾の「花咲爺さん」 2007/04/30付の記事
http://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407
台湾の内陸部に位置する南投県埔里の町。この埔里から霧社まで、約二十数キロの 山道に、いまも桜の木を植えつづけている方がおられます。今年、八十三歳をむかえた王海清さんです。お訪ねしたのは、一月末でしたが、沿道には王さんが植えられた、うす紅の山桜の花が満開でした。

<高雄に花咲く同期の桜>
王海清さんは、日本の統治時代に国民学校で六年間、日本の教育をうけました。
そのとき、いちばん心に残ったのが、国語の教科書にのっていた「サイタ サイタ サクラガ サイタ」でした。
子供心にも、まだ見たこともない桜へのあこがれが、このころに芽生えたといいます。
そして昭和十七年、王さんは志願兵として、高雄の海軍陸戦隊に入隊。
「徴兵じゃないよ、志願兵だよ」と、王さんは何度もほこらしげに話されます。
そして、そのときにうたった『同期の桜』を、うたってくださいました。

貴様と俺とは 同期の桜 同じ高雄の 庭に咲く
 咲いた花なら 散るのは覚悟 見事散りましょ 国のため

これ、日本時代の兵隊の歌。パッと咲いて、パッと散る。サッと散るのは、お国のために死にましょうという心。歌って、思って、考えてみたよ。これが桜にこめた日本人の心だよ」

<黙って、ひとりで始めること> 
沖縄での激戦に参戦するために、高雄で待機していた王さんの部隊でしたが、輸送船がつぎつぎと撃沈されたために、そのまま終戦を迎えました。戦後まもなく、王さんが移り住んだのが霧社でした。そこには、日本人が植えた桜が、数百本も残っていたのです。
それが、王さんが生まれてはじめて目にした桜でした。
「桜を見た、うれしかった。ああ、これが桜だ、と思った」
ところが、その桜が、道路拡張工事のために、一本残らず切り倒されたのです。
王さんはそれが残念でたまらず、村の役場や有力者の人々をあつめて、桜を植える相談をしました。だれが何本、だれが何本と、桜再生の相談はまとまりましたが、いつまでたっても、だれひとりとして、桜を植えようとはしません。
そこで王さんはひとり、だれにも告げず、日本人が植えた桜の種から育てた苗を、霧社から埔里への沿道に植えはじめました。その数はなんと、一年間で三千二百本。

<これが日本精神だよ>
やがて大きく育ち、白や紅の花を咲かせるうつくしい桜。その桜のうつくしさにひかれて、根こそぎ桜の木を持ってゆく人が、跡をたたなくなりました。
 抜かれては植え、抜かれては植え、この二十年間で、王さんが「補足」した桜は、千八百本にもなります。あるときは、桜の木を盗んでいるのを見た人が、そのあとを尾行して王さんに、「盗んだ人の家をつきとめたから、警察に突き出しなさい」と言いました。
でも王さんは、その人をとがめようともしません。
「いいんだよ、その人が取って帰って植えても、人が見て、きれいだなと思ってくれたらいいよ。個人じゃない、みんなが見てくれたらいいんだよ」
 道ゆく人が、桜を植える王さんを見て声をかけます。
「いくらで雇われてるんだね?」 
村から雇われて桜を植えていると思うからです。
「月に二万元だよ」
自分でお金を出して桜を植えていることなど、だれも信じてくれないので、そう言いつづけてきたのです。
「黙って植えて、桜が咲く。それが私の成功」

あるとき、自動車事故で、王さんの植えた桜の木があったために、命が助かった人がありました。その事故がきっかけとなって、王さんが二十年間、無償で桜を植えつづけたことが、はじめてわかったのです。そして、台湾では個人としてははじめて、台湾交通部(日本の国土交通省に当たる)から、最高の栄誉である「金路賞」を受賞したのです。

 インタビューにうかがった翌朝、王さんはいつものように五時に起きて、霧社から歩きはじめます。脳梗塞で動かなくなった右手にかわって、左手に剪定鋏をさげて……。
「王さんは、死ぬまで桜を植えつづけるんですか?」
「桜を植えると決めたら、植えつづける。これが日本精神だよ」
そのひとことが、台湾の心地よい風と、桜の彩りともに、いまもわたしの心の奥にひびいています。


■第五章 戦後、中国人がやって来た(日本人はとても素敵だった 楊素秋/著 )
http://www.sakuranohana.jp/book_suteki.html
前述したように、私は子供の時、自分は日本人だと固く信じていました。だから悲しかったのです。
突然、「君は今日から中国人だ」と言われた時に。私も多くの人と同じように「なぜなんだ!?」と言って泣きました。
私は父に、どうして中国人でなければいけないのかと聞きました。
父は返事に窮して「中国人だから中国人だろ…」と口を濁していました。それ以上私も聞きたくありませんでした

それまで日本兵しか見たことのなかった私は、兵隊というものは銃を担いでゲートルを巻いてピシッとしているものだと思っていました。
それが、シナ兵は裸足でボロボロの服を着て、天秤棒にドロ靴と鍋と七輪をぶら下げて、こうもり傘を担いでだらだらと歩いていました。
中には手で鼻をかんでいる人や痰を吐いている人もいるし、私は呆れてものが言えませんでした。まるで乞食の行列でした。
そんな兵隊を自国の兵隊として認められますか。今、その時のシーンを読者の皆さんの前に展開したらきっと気絶すると思います。
女学校の先生方も口をあんぐり開けていました。台湾人全部が同じ思いだったと言っても過言ではないでしょう。
その時はまだ日本人の先生が学校で教えてはいましたが、日本人の先生は出迎えに来ていませんでした。
これからどうするの?と思いました。酷くなるとか酷くならないとか、そんな問題ではないのです。
こういう人たちが来て一体どうするのか…と。

■第一章 命の恩人は日本人
■第二章 日本統治時代
■第三章 素晴らしかった日本教育
■第四章 優しい日本の兵隊さん
■第五章 戦後、中国人がやって来た
■第六章 日本人よ、しっかりしてください
■第七章 想い出は永遠に…


トオサンの桜 : 書評 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20070326bk04.htm

台湾に残る日本の精神

 台湾では、時間厳守、勤勉、正直、約束を守る、などの美徳を表現するとき「リップンチェンシン(日本精神)」という言葉を使うらしい。
日本の植民地政策の中で植え付けられた徳目だからだろう。
 かつて「大日本帝国」の版図に入っていた国々には、
心や言葉などいろいろな面で「日本」を「押しつけられた」人々が大勢いる、と言われる。
ところが、本書にはそんな固定観念だけでは量れない、と思わせる人々が登場する。
今も日本語を理解し、俳句を作り、NHKの放送や日本の雑誌・書籍に親しみ、
日本に対し愛憎交じる複雑な心理を抱く年配者たちである。
 こうした人々を台湾では、「日本語族」とも「多桑」とも呼んでいる。
「多桑=トオサン」は、日本語の「父さん」の発音に漢字を当ててつくられた台湾語。
日本統治時代に教育を受けたことによって、今も日本語をしゃべる年配者を指す言葉である。
 そんなトオサンの一人が育てた見事な桜の名所が台湾中部にある。
一九八〇年代半ばから、たった一人で黙々と植えてきた三千数百本もの桜並木である。
極貧の家に生まれたそのトオサンは、両親が「百姓に学問はいらない」と強固に反対するなか、
日本人教師の暖かい気遣いにより学校に通えた。
彼の一番の苦難時代は、日本が敗北し台湾を去った後である。
その時彼を勇気づけてくれたのが日本人の残した桜であり、通った学校や先生の思い出であった。
 日本語を流ちょうにしゃべり、桜を愛で、正直や勤勉を自然な徳目として受けいれて明るく熱心に働いてきた台湾のトオサンたち。
彼らの多くが日本統治時代を懐かしむのは学校の教師たちの熱意と人徳によるところが大きいと著者は述べる。
教育再生が議論される今日、巻末にまとめられたトオサンへのアンケートと共にぜひ一読を勧めたい。


書きながら涙腺決壊しそうになるわw
目元テラヤバス(;o;)


台湾小姐 妹妹

↓皆さんのクリックが励みになりまつ☆↓
 

author:玉置 麗華, category:[台灣]ニュース, 17:53
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:53
-, -, pookmark