RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【韓国】朝鮮の遊び
朝鮮の遊び

ソフトクリーム

嘗糞(しょうふん)とは、人間の糞を舐めて、
その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、
甘ければ体調が悪化していると判断する、
古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われた民間療法。
儒教では孝行の一種とされている。

朝鮮では、6年以上父母の糞を嘗めつづけ看病し病気を治した
孝行息子の話などの記録があり、指を切って血を飲ませる
「指詰め供養」(断指)や内股の肉を切って捧げる「割股供養」
などと共に、親に対する最高の孝行の一つとされた。
こうした風習は朝鮮時代まで続き、日韓併合後に禁止された。

世宗が編纂を命じた儒教的な教訓を纏めた書、『三綱行実図』には
孝行の一例として挙げられている。
『朝鮮医籍考』によると、後に娯楽化し、
人の糞を舐めてその味で誰の糞であるか当てる遊びが流行した。

また、朝鮮王の中宗は、解熱剤として人糞を水で溶いたものを
飲んでいたという(東亜日報 2005年8月22日)。
20世紀に入っても人間の大便を民間医術に使用する例があり、
『最近朝鮮事情』には重病人に大便を食わせる例が載せられている。
また『朝鮮風俗集』には人中黄(冬期に竹筒に人糞と甘草を
交ぜ地中に埋め、夏期に取り出し乾燥させて粉末にしたもの)
と言う民間薬が載っている。


enjoy korea
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&page=10&nid=84009



ヒイイイ

↓皆さんのクリックが励みになりまつ☆↓
 

author:玉置 麗華, category:[韓国]歴史, 19:38
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:38
-, -, pookmark