RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【米国】アメリカ海軍人アーレイ・アルバート・バーク 無秩序で発言の万分の一も実行しない韓国海軍
アメリカ海軍人アーレイ・アルバート・バーク 無秩序で発言の万分の一も実行しない韓(国海軍)


アーレイ・アルバート・バークArleigh Albert Burke, 1901年10月19日 - 1996年1月1日)はアメリカ海軍の軍人、大将。アメリカ海軍史上でただ1人、海軍作戦部長を3期6年の長きにわたって務めた。


太平洋戦争開戦で、粘り強い努力によって南太平洋戦域へ転出したバークは、第12駆逐隊司令、第23駆逐隊司令、第12水雷戦隊司令官となり、戦時昇進で大佐となった。1943年10月には、「リトル・ビーバーズ」として知られる第23水雷戦隊の司令官となり、同年11月にブーゲンビル島上陸作戦の支援にあたった。同戦隊は、それから4ヶ月の間にセント・ジョージ岬沖海戦など22回の戦闘に参加して、日本海軍の巡洋艦1隻、駆逐艦9隻、潜水艦1隻などを撃沈破、航空機約30機を撃墜した。バークは麾下の駆逐艦を当時艦隊行動できる限界とされていた30ノットを超える31ノットで走らせ、「31ノットで航行中」と打電したことから、「31ノット・バーク」と呼ばれるようになった。1944年3月に太平洋艦隊の高速空母機動部隊、第58任務部隊司令官マーク・ミッチャー中将の参謀長となり、戦時昇進で代将となって、1945年6月までその職にあった。沖縄戦でミッチャー司令官が旗艦としていた空母バンカー・ヒルとエンタープライズが相次いで特攻機の攻撃を受けた際には、参謀長のバークも乗り組んでいた。



朝鮮戦争が勃発すると、海軍作戦部長フォレスト・シャーマン大将は、極東艦隊参謀副長としてバーク少将を日本へ派遣した。バークは巡洋艦隊を指揮し、1951年7月に国連軍休戦会談代表団の一員となった.

また、かつての戦争相手として日本人に好感は持っていなかった



第二次世界大戦中、彼は一人でも多くのジャップを殺したいと願った。
そんな彼だが戦後、朝鮮戦争勃発時フォレスト・シャーマンの命令で日本に赴いたとき、
そこで彼は規律正しく敢闘精神旺盛な旧日本海軍の軍人に好感を覚えると同時に、
無秩序で発言の万分の一も実行しない韓国海軍に絶望する。


元海軍中将草鹿任一との親交により親日家となり、海上自衛隊の創設に協力することとなる。この功により1961年に勲一等旭日大綬章を授与された。 他にも生前の様々な功績により、米国はもちろん各国から数多の勲章を授与されていたが、本人の遺志により、葬儀で遺骸の胸につけられていたのは日本の旭日大綬章ただ一つだけであった。


アーレイバーク



enjoy korea
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfree&nid=344336



アーレイバーク級


↓読んだらぽちっとおながいします↓
author:玉置 麗華, category:[国内]日本史, 15:53
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:53
-, -, pookmark