RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【韓国】大統領選 大阪の在日韓国人は歓迎と冷めた声
大阪の在日韓国人は歓迎と冷めた声 韓国大統領選

 19日に投開票された韓国大統領選で当選した野党ハンナラ党の李(イ)明博(ミョンバク)氏(66)は、戦時中に大阪市平野区で生まれ、帰国後に苦労を重ねてサクセスストーリを築いたことで知られる。大阪の在日韓国人からは「親近感がある。韓国経済の建て直しに取り組んでほしい」と歓迎の声が上がる一方、「選挙権もないし関心がない」など冷めた声も聞かれた。

 「苦労の末に成功した実力者。低迷する韓国経済を立て直してほしい」と話すのは、生野区に住む在日本大韓民国民団(民団)関係者の50代男性。「大阪生まれなだけに、在日同胞にも良いことがあると希望を持っている」と期待する。

 李氏は終戦直後に帰国。貧困にあえぎながら苦学を重ねた末、就職した現代建設では36歳の若さで社長になった。その後国会議員やソウル市長も務め、行政手腕でも高い評価を受けた。

 しかし選挙への関心は必ずしも高くなく、同区桃谷の在日2世、黄(コウ)奈緒美さん(29)は「『今日選挙だったね』って話をするくらいだった」。一帯は韓国料理や食材店が集まるコリアンタウンだが、年配の韓国籍住民の間でも選挙に関する会話はほとんどなかったという。


 関心の低さについて、ある民団関係者は「韓国の大統領選は地域間の対立意識が強い。李氏の出身は東部の慶尚道地域。大阪の在日韓国人は西南部の済州島出身者が多く、支持の声が上げにくいのでは」と分析。

 さらに政権交代で北朝鮮への融和政策が転換する可能性もあるため、北朝鮮へのさまざまな思いが交錯する在日社会で選挙の話題が避けられる傾向になったという。

 同区桃谷で韓国食材店を営む在日1世の康(コウ)安子さん(72)も「大阪出身の苦労人で多少の親近感はある。でも選挙権もないし、終戦直後に苦労した在日1世も少なくなってるから」と淡々と話した。

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/071219/trd0712192338023-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/071219/trd0712192338023-n2.htm

戦後のドサクサに日本人を殺しまくって土地(特に駅前などの一等地)を強奪した犯罪者がいわゆる在日一世です。
謝罪と賠償はいつになったらするのでしょうか?



大阪の在日韓国人からは「親近感がある。韓国経済の建て直しに取り組んでほしい」と歓迎の声が上がる一方、「選挙権もないし関心がない」など冷めた声も聞かれた。

本国の参政権を求める運動でもしたらどうですか?
それにいい加減出て行ったらどうでしょうか?



「大阪生まれなだけに、在日同胞にも良いことがあると希望を持っている」と期待する。

帰れよ、ゴミ。
いつまでも日本に寄生してるから「糞胞」って呼ばれるんだよ。



李氏は終戦直後に帰国。貧困にあえぎながら苦学を重ねた末、就職した現代建設では36歳の若さで社長になった。その後国会議員やソウル市長も務め、行政手腕でも高い評価を受けた。

在日も見習って帰れ。



同区桃谷の在日2世、黄(コウ)奈緒美さん(29)

この人の母親が出産可能な40歳で産んだとしても母親の年齢は70歳前後。
終戦当時8歳です。

どう考えても戦後渡航者の子供です。ありがとうございました。



大阪の在日韓国人は西南部の済州島出身者が多く

やっぱり白丁どもか。



同区桃谷で韓国食材店を営む在日1世の康(コウ)安子さん(72)も「大阪出身の苦労人で多少の親近感はある。でも選挙権もないし、終戦直後に苦労した在日1世も少なくなってるから」と淡々と話した。

正確に記述すると、終戦直後に苦労した在日1世→「終戦直後に暴虐の限りを尽くすのに苦労した在日1世」です。
おっと、この人も終戦当時10歳です。
在日1世ということは戦後渡航者です。
ありがとうございました。





■1959年7月13日 朝日新聞
朝日新聞
朝日新聞


■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)

・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。

●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だとする主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」

●『これでは困る韓国』呉善花、崔吉城 1997 より
呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうがずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰ってしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。」

朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。

●『朝日新聞 1959年6月16日付』 (「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」

●『歴史を捏造する韓国 韓国併合と搾取された日本』中川八洋著より
「GHQは「在日」の朝鮮人の”帰国”に過剰ほどの支援をなして、すべての希望者に
 帰国のための無料の船便を提供しています。」


徴用を受けた朝鮮人の大半は戦後帰国しました。
現在日本にいる自称在日朝鮮人のほぼ全てが密航・密入国犯罪者とその子孫です。
戦前、戦後に密航・密入国してきた凶悪犯罪者なのに、徴用を受けた朝鮮人への特権を詐取するために、徴用されたと偽る邪悪な朝鮮人密入国犯罪者とその子孫が大勢います。




このクソ虫が


↓読んだらぽちっとおながいします↓

JUGEMテーマ:韓国

author:玉置 麗華, category:[韓国]全般, 11:26
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:26
-, -, pookmark