RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【国内】国内の検疫体制はずさん 天洋会見「農薬事故は一度もない」
ギョーザ問題 対象わずか1割、検疫体制ほぼ素通り

 中国製ギョーザ中毒事件で、日本側の検疫体制の“手薄さ”がクローズアップされている。検疫は本来ならば輸入品の安全性をチェックする関門となるはずの国の機関だ。だが、問題の冷凍ギョーザのような加工品では、残留農薬の検査は行われていない。関門どころか、多くの食品が何らのチェックを受けないまま国内に流通している。      (鎌田剛)

 ●全国31カ所 

 厚生労働省は港や空港を中心に、全国31カ所に検疫所を設置。現在、計334人の食品衛生監視員が輸入食品のチェックを行っている。

 食品に関するチェック項目は、主に大腸菌などの細菌を調べる検査と、残留農薬などを調べる検査の2種類がある。

 天洋食品が製造し、有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されて健康被害が出たギョーザは、昨年11月中旬、大阪港と川崎港に陸揚げされた後、何らの検査の対象にならないまま市場に出た。

 検疫では世界保健機関(WHO)の基準に沿って、一部を抜き出して検査する「モニタリング方式」が採用されている。

 平成18年度は約185万件の届け出のうち、実際に検査されたのは約20万件と、全体の11%程度。関係者は「100個のコンテナが届いたら、うち11個のコンテナから商品を少しずつ抜き取り調べるという仕組み。全体の輸入量からみれば、検査対象になるのはごく微量」という。

 ●設備の限界

 中でも、野菜など生鮮品に比べ、冷凍加工食品が検査にかけられる率はさらに低くなる。厚労省は「生鮮品を優先するのは残留農薬率が高いなどの違反が多く、消費者に届くまでの時間が短いため」と説明する。

 冷凍ギョーザなどの加工品は細菌を調べる検査の対象にはなるが、残留農薬の検査の対象外。「製造過程で農薬が洗い流されることが多く、加工の度合いが高くなると検査が難しくなる。仮に検出されたとしても何の食材に由来しているのか突き止めるのが困難なため」(厚労省)。設備面での限界や、検査工程の複雑さも検疫体制の限界の一因となっている。

 農薬の検出に必要な検査機器は、神戸と横浜の両検疫所の「輸入食品検疫・検査センター」の2カ所にしかない。各地方の検体は宅配便で両検疫所まで送られ、残留農薬などを調べているという。機器は1台5000万〜1億円。「無制限には増やせず、2カ所に集約した」(同)。

 ●加工品検査は手間

 検体で使われる生鮮食品はすりつぶして濾過(ろか)し、液体にして機器で1晩かけ農薬を計測する。もし、ギョーザなどの加工品に対して、残留農薬などの検査をするとなると、油や添加物を取り除く作業が加わり、最低でも1日は余計に時間がかかるという。

 厚労省幹部は「加工食品についても残留農薬を調べることになると、時間を取られる分、生鮮食品の検査ができなくなる。現実的にどちらを取るか」と話す。

 厚労省には「検疫所の人員を増やし、検体数を大幅に増やすべきだ」と訴える国会議員の声も届いている。しかし、同省は現行の検疫体制を維持する方針。「ギョーザ1つ1つを調べなければ、完全に被害を防げない。検体はミンチ状にするので、全部調べたら食べるギョーザがなくなる」。検疫所関係者は“すり抜け”はやむなしという実情をそう説明した。

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080202/sty0802022101005-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080202/sty0802022101005-n2.htm

アリス「日本人のもちもちぽんぽんがでっかい危険です」
灯里「みんながみんなもちもちぽんぽんじゃないとは思うけど・・・」
アリス「安全に関わる事なのに、でっかい言い訳ばっかりですね」
灯里「新しく冷凍食品を検査する部署を作ったらどうですか?公務員が余ってて仕事がないんじゃないの?」
藍華「無駄金をなくせば、検査機器も数台は買えるでしょ。何のために税金を取ってるのよ」
アリシア支那から輸入した食品は、すべて厚労省で消費すればいいんじゃないかしら
藍華「それと、天洋食品の底無沼工場長が会見を行ったようです」

中国製ギョーザ:天洋食品、混入否定 当局「使用例なし」

 【石家荘(中国河北省)西岡省二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、製造元の「天洋食品」の底夢路工場長は2日、工場のある石家荘市内のホテルで記者会見した。「厳格な生産管理、消毒制度を導入しており、農薬事故は一度もない」と述べ、中毒の原因となった有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が工場内で混入した可能性を否定し、工場側に過失はないとの立場を明確にした。

 1月30日の事件発覚以降、天洋食品が見解を明らかにするのは初めて。これに先立ち、輸出食品の安全を管理する河北省輸出入検査検疫局の程方局長も会見し「天洋食品は過去、メタミドホスを使用していなかった」との調査結果を公表した。

 天洋食品と地元検疫当局がそろって、生産段階で安全面に問題がないとの見解を示したことで、最大の焦点である殺虫剤混入の手がかりは、中国側でもつかめていないことが濃厚となった。

 底工場長は、製品を運び出す際、輸送用のコンテナの扉を鉛で封印していると説明。輸送過程でも、中国国内で毒物混入など汚染の可能性はないと断言した。メタミドホス混入を否定した根拠について「工場では従業員、設備、機械などは厳格に衛生管理しているため」と述べ、最近2年間、材料から残留農薬は見つかっていないと説明した。

 中毒事件発生には「日本の消費者にお見舞いを申し上げ、患者の早期回復を心から願っている」と述べたが、謝罪はしなかった

 一方、程局長は会見で、日本側から連絡を受けたのち、昨年10月1日と同20日に生産し、工場内に保管されていたギョーザのサンプル、さらにその前後一定期間につくった製品サンプルを検査したが「今のところメタミドホスは検出されていない」と指摘。これまでにギョーザの生産、管理に関係した工場従業員30人から事情聴取したが、問題点は見当たらなかったという。

 また昨年2月から今年1月までの計24回の品質検査でも疑問点はなく、「天洋食品が96年に日本向け輸出を始めて以降、問題は起きていない」と断言。工場が01年と05年、日本農水省の現地検査を受け、日本の法規基準に合格したと強調した。

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20080203k0000m040060000c.html

アリシア「当然ね。だって嘘を付く文化はあっても、謝罪する文化は無いもの。この国で本物なのは詐欺師だけよ
灯里「工場から検出されなくても、反日従業員の仕業の可能性は残りますよね」
藍華「それに、以前から問題を起こしてると報道されているし・・・」
アリス「どうしてそんな嘘がつけるんですか?」
アリシア「本当の事を言って謝罪すると付け込まれるから。自分が悪くても徹底的に嘘をつき通していかないと、自分が破滅するのが大陸なのよ。支那人に反省や謝罪なんて求めるのはまったくの無駄だわ」
藍華「さしずめ、毒入りは仕様なので不良品じゃないってトコ?」



チャオズ

↓読んだらポチっとおながいします↓

JUGEMテーマ:中国料理

author:玉置 麗華, category:[中国]食品, 13:36
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:36
-, -, pookmark