RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【韓国】個人の生活や空間を尊重しない韓国人
個人の生活や空間を尊重しない韓国人
【特集】外国人が暮らしにくい国・韓国

韓国生活
今年1月、ソウル・明洞の露店で、米国人のサラ・ファイアボウさん(24)が靴下を選んでいたとき、横にいた韓国人女性がファイアボウさんの肩の下から腕を伸ばして売り物を取った。ファイアボウさんは「韓国人はぶつかっても謝らなかったり、無言で割り込んできたりすることが多い」と話している。/写真=ホ・ヨンハン記者

 カナダ人の英語講師デービッド・カバナフさん(34)は、ソウル市道峰区の自宅近くにあるフィットネスクラブで毎朝汗を流し、シャワーを浴びてから出勤するが、そのたびに屈辱を感じるという。隣でシャワーを浴びる韓国人たちが、決まって彼をジロジロ見るためだ。ある人は彼の下半身の特定の部分を興味津々な様子で見るという。彼は「どれだけ恥ずかしく、居心地が悪いことか。まるで動物園のサルになったような気分だ」と話す。

 フランス人の主婦アポリン・キャロルさん(38)は、韓国人たちが7歳の娘と2歳の息子に近付いてきては、「かわいい」と言って、頬や頭をむやみに撫でるのを見るたびに、不快感を感じるという。2年前には病院の待合室で、患者と思われる女性が生後4カ月の息子の顔を撫でるのを見て戸惑ったという。彼女は「悪気はないのだろうし、それが韓国の文化なのだろうとは思うが、わたしはそれを見るたびに不快感を感じる。大人の女性に対しては、いくらかわいくても撫でたりはしないはずだ。それと同じで、子どもにも人格があるのだから、むやみに撫でたりしてほしくないと思う」と話している。

◆「他人への配慮をしてほしい」 

 韓国では当たり前のこと、ごく普通のことのように思われている行動や言動であっても、世界的な基準から見れば失礼に当たることもある。韓国人が他人のことをあまり認識しなかったり、配慮しないがために、こうした行動や言動がトラブルを招くことがある。取材班がインタビューした50人ほどの外国人たちは「韓国人の中には、“自分にとって慣れていて楽なものであれば、他人もすぐに慣れるだろう”と考えている人たちが多いようだ」と指摘した。

 カナダ人のフリーライター、ピーター・チョウラさんは、外出するたびにサンドイッチや弁当を持ち歩くようにしている。韓国の食堂で食事するたび、押し問答になるのが嫌になったからだ。菜食主義者(ベジタリアン)の彼は昨年秋、ソウル・光化門のある食堂でビビンバを注文した際、牛肉と卵を入れないよう頼んだ。ところが、彼をあざ笑うかのように、ビビンバには牛肉と卵が入っていた。食堂の従業員は「忙しくてうっかり忘れてしまった。でもビビンバには牛肉と卵を入れた方が美味しいんだから、そのまま食べなさいよ」と言ったのだ。

 在韓米軍兵士のブランドン・テーラーさん(23)は、食堂から追い出されたこともある。昨年、京畿道平沢市のある食堂でチャーハンを注文し、「卵は入れないで」と頼んだが、やはり卵が入っていた。そこで彼は、「米国の流儀で、“作り直してくれ”と頼んだが、店の主人の対応は意外なものだった。店の主人は「朝っぱらから何てことを言うんだ」と言い放ち、彼に出て行くよう命じた上、入口の前には塩まで撒いたという。テーラーさんは「あまりにも人をバカにした態度だった。その日は一日中気分が悪かった」と話した。

 外国人の中には、豚肉を食べないイスラム教徒や牛肉を食べないヒンズー教徒など、宗教上の理由で肉を食べない人たちや、自らの信念に従って菜食主義を貫いている人たちも少なくない。米国や欧州では人口の約1%がベジタリアンだという。だが、韓国では彼らに対する配慮や理解が足りない、と指摘する外国人が多い。オーストラリア人のベジタリアン、イレイン・ローリーさん(39)は「韓国人がもう少し“自分たちと違った考えを持つ人もいる”という意識を持ってくれたらと思う」と話す。

◆「プライバシーを尊重してほしい」 

 米国人の英語講師ペリシア・シェルトンさん(36)は、「ソウルは人口が多くごちゃごちゃした都市だということは分かっているが、多くの人と体がぶつかるのはとても嫌だ」と話した。彼女は「米国では知らない人たちと体がぶつかるのを極力避けるようにする」という。また、毎朝地下鉄で通勤する米国人のステファン・ビューさん(35)=高麗大国際語学院教授=は「韓国の人たちは押したりぶつかっても“ごめんなさい”の一言も言わず、無表情で立ち去ろうとするし、後ろの人のためにドアを開けてあげても“ありがとう”の一言もない。そんなとき、とても気分が悪い」と話す。一方、ソウル・汝矣島の英語教室で講師を務めるイギリス人のステュアート・デネットさん(33)も「イギリスで売っている韓国のガイドブックには“韓国では公共の場所で平気でぶつかったり、肘で突いてくる人たちが多いので注意せよ”と書かれている」と話している。

 昨年9月に韓国へ来たオーストラリア人の外資系銀行員ジャック・スモールウッドさん(38)は「会社の同僚たちと会食に行くと、本当に戸惑うことが多い」と語った。同僚たちが彼に「どこの学校を出たのか」「結婚しているのか」「彼女はいるのか」「両親は何をしているのか」といった質問を次々と浴びせるからだ。スモールウッドさんは「初対面でそう簡単には言えないプライベートなことまで根掘り葉掘り聞いてくるので困惑した」という。

● 「これが世界共通のエチケット」 

体から半径50センチ以内は「プライベートな空間」

食事の接待をする場合、メニューを勝手に決めるのは失礼

 専門家たちは、「世界共通のエチケット」の中でも、最も重要なのは「他人に配慮する心」だ、と口を揃える。それぞれの国ごとに歴史も文化も違うため、生活のマナーも違ったものにならざるを得ないが、互いに違いを認め配慮すれば、大きな失礼を犯すことはないというわけだ。以下、専門家たちが指摘する、さまざまな状況での世界共通のエチケットについて紹介しよう。

◆身体が触れ合うとき 

 米国、イギリス、フランスなど欧米圏では、体から半径50センチ以内は「プライベートな空間」と考えられている。あまり親しくない人と話すときは、50センチ以上離れることが望ましい。声がよく聞こえないからといって顔を近付けたり、笑いながら肩やひざを叩いたりすれば、相手が当惑することもあり得る。他人の前を横切るときや、ぶつかったときは一言声をかけなければならない。

◆小さい子どもに接するとき 

 韓国では面識のない子どもでも、頭を撫でたり抱いたりすることがよくある。だが、外国人の中には、細菌への感染や性的暴行を心配し、敏感な反応を示す人も少なくない。また、見知らぬ人が自分の子どもの体に手を触れたりすれば、不快感を示すこともある。「かわいいね」と声をかける程度にしておくのが望ましい。

◆食事するとき

 韓国人は食堂で皆が同じメニューを頼むことも多いが、外国人は必ずしもそうではない。自分が接待する場合でも、メニューを勝手に決めるのは失礼にあたる。まずは相手の希望を聞いてから決める必要がある。また、どんな料理を食べるか決める際にも、まず相手がベジタリアンかどうか、アレルギーや宗教上のタブーなどで食べられないものがないかどうかなどを確認することも大事だ。一方、テーブルに携帯電話を置いていると、「あなたは特に大事な人ではない」と誤解されることもある。フランスの一部の高級レストランでは、入店する際に携帯電話をカウンターに預けなければならない。

◆公衆浴場やプールでは 

 公衆浴場やプールでは、相手が嫌がるほどジロジロ見るのは失礼にあたる。また、傷跡や障害がある人に対し、その理由を尋ねる人もいるが、これは絶対にしてはならない無礼な行為だ。このほか、日本の公衆浴場・温泉・サウナでは、同性であっても、体の特定の部分が見えないようタオルで隠すのがマナーだ。

◆相手に招待された場合  

 相手の家に招かれた場合、あまり早く着き過ぎるとかえって失礼だ。相手がまだ準備を終えていないこともあり得るからだ。約束の時間から5分ほど経ってから、手土産を持って行くのが望ましい。「美味しい」といった褒め言葉をかけ、次の日に電話をかけたり令状を送るなどして謝意を示せば、もっと相手に喜ばれる。また、自分の箸やスプーンで取った料理を相手に勧めたり、「洗い物を手伝ってあげる」と言って他人の家の台所に入るのは、韓国では普通のことだが、他の国では失礼にあたる。

http://www.chosunonline.com/article/20080309000014
http://www.chosunonline.com/article/20080309000015
http://www.chosunonline.com/article/20080309000016

灯里「何をいまさら」
藍華『まるで動物園のサルになったような気分だ』じゃなくって、動物園のサルに囲まれた人間でしょ?」
アリス『韓国人たちが7歳の娘と2歳の息子に近付いてきては、「かわいい」と言って、頬や頭をむやみに撫でるのを見るたびに、不快感を感じる』、相手が朝鮮人なら、これは正常な反応です」
灯里「小学生から老婆まで男女を問わず襲い掛かるからね」
藍華『大人の女性に対しては、いくらかわいくても撫でたりはしないはずだ』・・・いやいや、朝鮮人をあなどってはいけないw」
アリス「にしても、朝鮮人には無理難題な事がいっぱい書かれていますね」
アリシア「だって朝鮮人にはウリとナムの概念しかないから」
灯里「なんですか、それ?」
アリシア「ウリは『我々』、ナムは『他人』ね。まあ他人と言っても限りなく『敵』に近いわ
アリス「だから他人には厳しいのですね」
アリシア「そう、逆に『ウリ』と認識されると、自分と同一視するの。だから遠慮やプライバシーが全くなくなって、持ち物も共同にされたりするのよ。食事も自分が好きな食べ物なら相手も好きなはずだ、となるわけね」
藍華「それで朝鮮人は親しくなると、物を勝手に持ち出したり、他人の家を自分のように使うのですね」
アリシア「一言で言うと『単なるウザイやつ』って事ね」
アリス「それって精神病じゃないんですか?」



礼儀の正しさで韓国人の右に出る民族はいないわ

↓読んだらぽちっとおながいします↓

JUGEMテーマ:韓国文化

author:玉置 麗華, category:[韓国]全般, 20:13
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:13
-, -, pookmark