RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【日本史】日本人の特殊なDNA
日本人特有の遺伝子とは?

島国であり人の出入りが少なかった日本人は、世界でも稀な古代血統とされるY遺伝子D系統を多く持つ人種である。
遺伝子分布図

http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf


D型は日本人とチベット人に固有。
チベットからの大集団の移動があったことを示す
遺伝子分布図
遺伝子分布図
遺伝子分布図
遺伝子分布図
遺伝子分布図遺伝子分布図

Y染色体は父親から子(男子)に受け継がれる遺伝子。日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAをもっているが、他の世界のどこにもほとんど存在しない。さらに日本のすぐ近くの朝鮮半島や中国人がアジア特有のO系統であり、孤立したD系統を持つ日本人の異質さが際立って見える。

またこのD系統はYAP型とも言われ、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布するE系統の仲間であり、Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。東アジアの地域全体にはアジア系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみD系統が残ったと考えられる。

D2系統はアイヌ人88%、沖縄人56%、本土日本42〜56%(参考までチベット33%)で、韓国ほぼ0%である。アイヌにはアジア主流のO系統は無く、完全なD系統であり、本土日本人と沖縄人にはO系統が混ざっている。それでも本土日本人のD系統は半数以上である。つまり事実上アイヌと本土日本人は大差がなく、アイヌにアジア主流のO系統を足したのが本土日本人となる。

結論として日本人は基本的に共通して、アイヌ人〜本土日本人〜沖縄人までD系統(北方古モンゴロイド)がベースになっており、日本人3集団が持つD系統を持たない韓国人は赤の他人と結論できる。



日本D系統の祖、縄文人

縄文人
(国立科学博物館所蔵、縄文人の復元像)

日本人の大部分を構成するY遺伝子D系統は縄文人特有の遺伝子である事が判明している。縄文人は北方古モンゴロイドに属しており、古モンゴロイドとは白人種から枝分かれしたばかりの古い黄色人種の事である。まだ寒冷地に対応していない古代アジア人である。

古モンゴロイドは殆どが絶滅したが、海に守られている日本や山岳のチベットに残った。これがD系統遺伝子としても反映されている。日本人は世界でも数少ないD系統を引き継ぐ人種であると同時に、数少ない古モンゴロイドの末裔である。

本土日本人でも縄文人の血を半分引き継いでいる為、日本人は他の東アジア人とは少々異なった容姿になった。例えば日本人は東アジア人では有得ない程毛深く、髭を伸ばせばその容姿は非常に異質である。現在でもイラクに駐在している自衛隊員は全員豊かな髭を生やし現地人と交流を持っている。

日本人は韓国人よりも二重瞼が多く立体的な容姿が多いが、南方系の遺伝子とは全く関係は無く、日本の原住民である北方古モンゴロイドの縄文人の血を継いでいるからである。縄文人が北方系だという証拠として、彼らの直系の末裔であるアイヌ人が純粋D系統であるからである。

縄文人の直系の末裔、アイヌ人
アイヌ人
アイヌ人
アイヌ人

沖縄人
沖縄人
沖縄人
沖縄人



縄文人の特徴を色濃く残している天皇、皇族

現在の日本の皇族は一重瞼が多いが、それは昭和天皇の皇后の血筋の影響で、それ以前は比較的彫の深い濃い顔が多かった。江戸時代に日本に訪れ天皇に謁見した欧米人は、「日本の皇族は中東系である」という発言を残したほどである。現在でも昭和天皇皇后の血を継いでいない傍系の皇族方は、二重瞼の彫の深いお顔立ちの方々が多い。

また神話時代の天皇の容姿は豊かな髭を持ち彫が深い縄文系として描かれている事が多く、また公式的に天皇家の発祥は九州の日向であり、関西にやってきたとされていることから、定かではないが元々は隼人と同じ祖を持つ縄文系であったという説もある。(隼人とは大和朝廷に属さなかった南九州の人々で、沖縄に近く縄文人の血が色濃く残っている。)

継体天皇

皇族
皇族
皇族
皇族
皇族



Y遺伝子からみる日本人の血の古さ
D系統遺伝子はY遺伝子YAP型に分類される。YAP型はY遺伝の中でも古い系統の一つであり、日本人は東アジアの中でも古い人種の一つである事がわかる。

ちなみに他のアジア人の主流であるO系統は、最近分岐した最も新しい系統の一つである。

DNAの系統
DNAの系統



東アジアの民族の遺伝子の近似値


先述したD系統の特殊さに加え、海で囲まれている日本は、東アジアでかなり特殊なタイプであることがわかる。人の出入りが必然的に少ないからである。一方韓国人はアジア系漢族と非常に近い。半島であったため大陸との交わりが多かった為である。
東アジアの民族の遺伝子の近似値




Y染色体とミトコンドリア遺伝子、どちらを優先するか?


韓国人が自国と日本人遺伝子を語るとき、決してY染色体にはふれずミトコンドリアだけで語る。しかしそのミトコンドリア遺伝子ではアジアでみられる起源はすべて2万年以上前のため、それより以降の新モンゴロイドの発生移動と増加には全く役に立たない。つまり東アジアではどの国も多少の差はあれどほとんど同じ構成になってしまうである。

そもそも人類のDNA分析する場合、系統分類に適さないミトコンドリア遺伝子は使用せず、系統分類し易い父系のY染色体の分類法を使用する。日本人のY染色体の特殊性は上で説明したとおり、韓国人との差は一目瞭然。日本には古く中東やチベットまでたどれるD系統の遺伝子が大半を占めているが、韓国人にはD系統が皆無である。

結論として系統分類に適したY染色体を意図的に無視し、系統分類に適さないミトコンドリア遺伝型の割合だけを使用すると、間違った結論に導かれる可能性があり注意が必要という事である。



Gm遺伝子から見た日本人の特徴


Gm遺伝子の分布と移動

人間の血液型の遺伝子のひとつに「Gm遺伝子」なるものがある。
これは民族によって非常に特徴があり、近い民族とそうでない民族が一目でわかる。
同時に、民族の生物学的なルーツも分析できる。

1.Gm遺伝子の分布によって、蒙古系民族は、「南方型」と「北方型」とに大別されるが、日本民族は、あきらかに「北方型」である。南方型蒙古系民族との混血率は、せいぜい七〜八パーセントであって、それほど高いものではない。

2.日本民族は、北海道から沖縄にいたるまで、ことGm遺伝子に関するかぎり、驚くほど等質(遺伝的に同じ)である。

3.アイヌの人々も、その遺伝子構成において、一般日本人とほとんど変わりがない。

4.他の日本人集団といくぶん相違を示すアイヌと、沖縄・宮古の人々とがまったく等質である。この日本の両端に位置する二つの集団は、日本の一般的な集団に比べて、より強く、北方型蒙古系民族の特徴を示す。

5.朝鮮民族も、地理的な偏りがない点においては、日本民族と同じである。ただ日本民族と朝鮮民族とのあいだには、かなり高い異質説が存在する。
朝鮮民族は、基本的には、日本民族と同じ北方型蒙古民族に属するGm遺伝子パターンをもちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を受けているとみられる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などによって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

6.中国の場合は、Gm遺伝子の頻度分布に、南北方向の地理的勾配がみとめられる。この点で、顕著な等質性を示す日本民族や朝鮮民族とは対照的である。漢民族の場合は、「北方型」「南方型」の二つの存在を考えないと、分布パターンの説明が難しい。

7.日本民族に高頻度にみられる遺伝子パターンの特徴は、バイカル湖畔のブリアートをピークとして四方に流れており、蒙古、オロチョン、朝鮮、日本、アイヌ、チベット、コリヤーク、エスキモーなどに高頻度で、その源流はバイカル湖畔とするのが妥当とみられる。

「日本民族は、北方型蒙古系民族に属し、そのおおもとの起源はシベリアのバイカル湖畔と推定できる。」(松本秀雄著『日本人は何処から来たか―血液型遺伝子から解く―』)



さらに日本人は韓国人よりも単一民族に近い


血液分析により民族の移動経路を判明する

JANUARY 03, 2001 13:15
by 李成柱(イ・ソンジュ)記者

朝鮮民族の祖先を判明するためには、砂風の激しいコビ砂漠やバイカル湖付近の草原、シベリアの野原などで遺跡地を探しまわらなければならないのか。

デジタル時代には、実験室での血液分析だけでも祖先の大体が分かるという。最近、韓日医学者は両国民の白血球に付着している‘人間白血球抗原(HLA)’がどんな種類なのかを分析し、朝鮮民族と日本民族の移動経路を追跡した。

2000年11月タイのバンコクで開かれたアジア太平洋骨髄移植学界で、カトリック医学大学のキム・ドンウック教授と慶応大学の岡本しなちろう教授は、「両国の骨髄寄贈者17万人余りのHLAを分析した結果、図のようにそれぞれの別のHLAを持った幾つかの群れの人々が中国を経由して韓国と日本に定着したことが分かった」と発表した。

いかにしてHLAを利用したこのような分析が可能だったのか。

∇HLAとは?=細胞に‘肩章’のようについており、他の免疫細胞にその細胞が味方なのか敵なのかを区別する‘表示たんぱく質’。細胞核の6番の染色体で作られ、細胞質を経て細胞膜に定着する。このHLAの機能は‘情報要員’と似ている。<グラフィック2参照>

∇HLAの種類と民族

HLAは大きく1、2、3型に分けられる。各類型にも多数の種類があり、免疫反応では1型の ABC型、2型のDR DP DQ型が大きな役割を果たす。特に白血病患者に血液を作る‘造血母細胞’を移植する際、供与者と提供者の1型のAB型と2型のDR型が一致するかどうかを主にチェックする。A型は144種類、B型は266種類、DR型は313種類の異常がある。それぞれ異るHLAは子女に遺伝されるため、HLAの種類を分析すると民族の単一性と移動経路が判明される。

∇どの国民が単一民族か

医学的には、韓国人、タイワン人、日本人の中で日本人が最も単一民族に近い。単一民族であることを誇る朝鮮民族は2番目、タイワン人は3番目に‘純粋な血統’である。

キム教授は「造血母細胞の移植を希望する患者1人が全体の供与登録者のうち最低1人からでも適合する造血母細胞を移植し得る‘移植確率’を分析すると、どちらが単一民族に近いかが分かる」と説明した。

キム教授は国内の骨髄寄贈者4万2000人余り、日本骨髄情報銀行の寄贈者13万1000万人余り、タイワン・ツジ(慈済)骨髄供与者登録所の寄贈者17万8000人余りを分析した。確率が高いほど単一民族に近く、登録者が多いほど移植される確率が高くなるため、3ヶ国の供与登録者を12万人に換算して計算した。その結果、韓国は70%、日本は80%、タイワンは50%だったという調査結果が出た。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828


enjoy korea
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfriend&nid=56673
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=73300
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=65753
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=90777


▽関連記事
【歴史】世界の王室社交順序
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=2759
【日本史】「戦争がなかったら、私は今でも陛下の臣下です」サイパン人の言葉
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=3553
日本人の遺伝子は東アジアでも異質
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=2642
【韓国】日本人学者に説明されても遺伝学を理解出来なかった韓国メディア
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=2957
【歴史】弥生人の遺伝子と、古代中国人の遺伝子が一致
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=3055
【韓国】遺伝的にも日本人は血を分けた韓民族だ・・・朴炳植先生
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=2948




あっぱれ

↓読んだらポチッっとおながいします↓

JUGEMテーマ:歴史

author:玉置 麗華, category:[国内]日本史, 23:00
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:00
-, -, pookmark