RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【日本史】エルトゥールル号遭難事件
エルトゥールル号遭難事件



トルコは最も親日的な国の一つとして知られている。その理由はいくつかあるだろう。

もともとロシアの南下政策に悩んでいたトルコにとって日露戦争で日本がロシアを負かしたことは自国の勝利のように喜んだと言われている。ロシアの艦隊を撃破した東郷に因んで自分の息子にTogoという名をつけるトルコ人が多くいたほどらしい。

また、トルコの近代化を図るために日本の明治維新を手本にしたという話もある。





そして忘れてはいけないのは和歌山付近で沈没したトルコの軍艦エルトゥール号の事件だ。生き残った乗員に対する日本人の手厚い介護がトルコで知られ、トルコ人をますます日本好きにさせた。そしてそのトルコが日本人に恩返しをしてくれた。





トルコ軍艦 エルトゥールル号

1890年(明治23年)9月16日、トルコ皇帝ハミル2世が日本に派遣した特使一行を乗せたエルトゥール号が、帰路、暴風雨に遭い、和歌山県串本町沖合で岩礁に衝突し遭難するという事故が起きた。

 エルトゥールル号の遭難現場は惨憺たる状況だった。第一発見者の燈台守は言う。

「九月十六日の真夜中、服はボロボロで裸同然、傷だらけの男がやってきた。海で遭難した外国人であることはすぐにわかった。『万国信号書』を見せると、彼がトルコ軍間に乗っていたトルコ人であること、また多くの乗組員が海に投げ出されたことがわかった。救助に向かった村の男たちが岩場の海岸におりると、おびただしい船の破片と遺体があった。男たちは裸になって、息がある人たちを抱き起こし、冷え切った体をあたためた」

 この事故で、特使を含む518名は死亡したが、死を免れた69名は、地元民の手厚い救護により、一命を取り留めた。この時村人たちは、台風により漁ができなく、自分たちの食べるものさえ無くなってしまうという状況にあったにもかかわらず、非常時のために飼っていた、最後に残ったにわとりまでも、トルコ人に食べさせ介護したのだった。また、遭難者の遺体を引き上げ、丁重に葬った。

 この話は、和歌山県知事から明治天皇に伝えられた。その後遭難者たちは明治天皇の命により海軍の軍艦「金剛」と「比叡」の2隻でトルコに送り届けられた。2隻は同年10月に日本をたち、翌91年1月にイスタンブールに到着した。その功績をたたえ、当時のオスマン・トルコ皇帝から海軍士官に勲章やメダルが贈られた。

 この話に同情した「山田寅次郎」なる人物が、一民間人として新聞社などの協力を得ながら全国を歩いて義捐金を集め、それを携えてトルコに渡った。 1892年4月4日、イスタンブールに上陸した山田は、外務大臣サイド・パシャに義捐金を手渡し、皇帝アビドゥル・ハミト2世に拝謁した。山田寅次郎はトルコ側の要請で、そのままトルコに留まり、日本語を教えるとともに、日本とトルコの友好親善に尽くした。この時の教え子の中に、後にトルコ共和国初代大統領となる、ケマル・パシャ(アタチュルク)がいた。






 時代は下って、イラン・イラク戦争が始まった、1985年3月17日、イラクのサダム・フセインが「今から40時間後に、イラクの上空を飛ぶ飛行機を打ち落とす」ということを世界に向かって発信した。イランに住んでいた日本人は、慌ててテヘラン空港に向かったが、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。世界各国は自国民の救出をするために救援機を出したが、日本政府はすばやい決定ができなかった。空港にいた日本人は、パニックに陥った。

 そこに1機のトルコ航空の飛行機が到着した。トルコ航空の飛行機は日本人216名全員を乗せて、成田に向かって飛び立った。タイムリミットの、1時間15分前であった。なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、日本政府もマスコミも知らなかった。この時、元駐日トルコ大使のネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。「エルトゥール号の事故に際して、日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。私も小学生の頃、歴史教科書で学びました。トルコでは子どもたちでさえ、エルトゥール号の事を知っています。今の日本人が知らないだけです。それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです」





トルコ共和国 デニズリ出身
Soner Toptay(ソネル トプタイ)さん

 トルコはとても親日的な国だと言われている。「トルコで日本人が好きですか? と聞かれたら、99.9 %が好きだと答えるでしょう。でも、理由を聞かれてもきっと答えられない」

 しかし、なぜ親日的なのか? ソネルさんによればその答えは、トルコ・日本の友好的な歴史関係が根底にあるようだ。

 日本・トルコの友好秘話としては、感動的なエルトゥールル号遭難事件が有名だ。1890年にオスマン皇帝が日本に派遣した特使一行を乗せたエルトゥールル号が暴風雨に遭い、和歌山県串本町沖で遭難するという事故が起きた。村人たちは、自分たちの食べ物がなくなっても遭難したトルコ人を助けた。

 それから約100年後のイラン・イラク戦争の際にイラン上空が閉鎖されたときに、どの飛行機も危険性が高いため、イラン在住の日本人救出に向かえなかった。唯一トルコ航空の飛行機が、日本人救出に飛んだ。トルコは、エルトゥールル号の遭難の際の恩を忘れていなかったからだという。

「トルコ人の国民性から言って、助けてあげても恩返しは期待しません。でも親切にされたら、必ず恩返しはします」

 「他にも、第一に、日露戦争での日本の勝利が、瀕死状態のオスマン帝国にとって、東洋の方から日が出づるかのごとく希望を与えました。第2に、朝鮮戦争にトルコも参戦しましたが、負傷したトルコ兵が日本で手厚く看護されたことが口コミで拡がり、日本に対する好印象をもつようになったんです」

 トルコ人は、親切な国民だとよく言われている。「もてなしを大切にする民族です。例えばトルコでは、見ず知らずの家でも、『Tanri Misafiri(直訳で、神様のお客ですが、の意)』と言って訪ねていけば、大体の家では暖かく迎え入れてくれます」


WASEDA WEEKLY
(2004年4月8日掲載)



現在、和歌山県串本町の樫野崎灯台そばには、エルトゥールル号遭難慰霊碑およびトルコ記念館が立つ。また、町と在日本トルコ大使館の共催による慰霊祭も5年ごとに行われている。
和歌山県串本町にあるエルトゥールル号慰霊碑

また、トルコ共和国と日本の友好の原点となったトルコ軍艦エルトゥールル号遭難の史実を、小中学校の副読本や教科書に掲載する出版社が増えている。2003年から串本町と町教委が文科省や出版社に働き掛けてきた努力が実ったためである。




さたけ

↓読んだらぽちっとおながいします↓

JUGEMテーマ:歴史

author:玉置 麗華, category:[国内]日本史, 11:18
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:18
-, -, pookmark