RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【国際】日本の文化そのものが最大のプレゼントだった
日本の文化そのものが最大のプレゼントだった


■1.日本は、難局を好機として一層の飛躍を成し遂げる国■

 麻生太郎氏は幼い頃、祖父・吉田茂からよくこう聞かされて
いたという。

 日本人のエネルギーはとてつもないものだ。日本はこれ
から必ずよくなる。日本はとてつもない国なのだ。[1,p15]

 その予言通り、日本は敗戦の瓦礫の中から立ち上がって、あっ
という間に世界第二の経済大国を築き上げるという「とてつも
ないエネルギー」を見せた。

 その麻生氏がいよいよ首相となって、所信表明の冒頭でこう
国民に呼びかけた。

 この言葉よ、届けと念じます。ともすれば、元気を失い
がちなお年寄り、若者、いや全国民の皆さん方のもとに。

 申し上げます。日本は、強くあらねばなりません。強い
日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、
一層の飛躍を成し遂げる国であります。

「日本はとてつもない国なのだ」という祖父の言葉が基調にあ
る。その「一層の飛躍」の方向を指し示しているのが、「自由
と繁栄の弧」というビジョンである。

■2.「自由と繁栄の弧」の公約■

 麻生首相は、安倍政権の外相時代に、「自由と繁栄の弧」を
築くことを公約として掲げている。

 我が日本は今後、北東アジアから、中央アジア・コーカ
サス、トルコ、それから中・東欧にバルト諸国までぐるっ
と延びる「自由と繁栄の弧」において、まさしく終わりの
ないマラソンを走り始めた民主主義各国の、伴走ランナー
を務めてまいります。

 この広大な、帯状に弧を描くエリアで、自由と民主主義、
市場経済と法の支配、そして人権を尊重する国々が、岩礁
が島になりやがて山脈をなすように、一つまたひとつと伸
びていくことでありましょう。

 その歩みを助け、世界秩序が穏やかな、平和なものにな
るのを目指すわけであります。[2,p36]

■3.「自由と繁栄の弧」への国際的反響■

 平成18(2006)年11月、デンマークのアナス・フォー・ラ
スムセン首相が来日した際、麻生氏は外相として、新機軸の
「自由と繁栄の弧」を説明した。ラスムセン首相は説明が終わ
るや、この構想を「全面的に支持する」と断言し、かねてから
持論のNATO(北大西洋条約機構)と日本の関係強化を主張
した。すでにNATO加盟国海軍は弧の西側から、そして日本
の海上自衛隊は東からせり出して、インド洋やアラビア海で海
上ルートの安全を守るべく、協力している。

 この後、麻生外相は東欧を訪問したが、その最中にも米国は
もとより、欧州各国から熱烈な支持を伝える電報が次々と寄せ
られた。

 しかし、この構想に反発する向きもある。共産党独裁政権の
もとで「自由なき繁栄」を追求する中国は「自由と繁栄の弧」
を反中包囲網と捉えたようだ。中国が民主化して、政治的自由
が確立された暁には、「自由と繁栄の弧」の重要なメンバーと
なろう。それこそが、「弧」の他のメンバー諸国にとって望ま
しいことあり、また中国の国民の幸福にとっても必要なことで
ある。いかにして、中国をそのような方向に向けていくのか、
これが「自由と繁栄の弧」実現への最大の難問であろう。

 麻生氏が首相としての所信表明の中で、「自由と繁栄の弧」
という表現を使わなかったのは、中国側の反発を考慮してのこ
とだろう。しかし、外交に関する原則では次のように述べてい
る。

 我が国が信奉するかけがえのない価値が、若い民主主義
諸国に根づいていくよう助力を惜しまない

「自由と繁栄」への志は首相の胸中に燃えさかっている。

■4.成功例としてのカンボジア■

 我が国が、実際、どのように「自由と繁栄の弧」を実現して
いくのか、具体的な事例を通じて語った方がよいだろう。日本
が後押しして、「自由と繁栄」に向けて走り始めた国の一つに
カンボジアがある。

 カンボジアは極端な共産主義を掲げるポルポト政権のもと、
100万人以上と言われる犠牲者が出た。その後もベトナム軍
の介入や内戦が続いた。1992年、明石康氏を代表とする国連の
平和維持活動(PKO)が開始され、日本の自衛隊が初めて本
格的に参加した[a]。

 翌年には、日本の警察、民間ボランティアも協力して、民主
選挙が行われた。この時に命を捧げたのが、高田晴行警視正と
民間人ボランティア・中田厚仁さんだった[b]。

 その後、議会で新憲法を発布し、立憲君主制が採択された。
さらに法律の整備も進み、裁判官や弁護士を育てる学校もでき
たが、その学校の先生を育てる仕事を、日本の法務省の「法務
総合研修所」所属の3人の女性検事、判事補が担当した。

「自由と繁栄」を実現するには、選挙制度、法整備、人材育成
など「基盤作り」の実務が不可欠であり、こういう面でも我が
国は地道に支援をしてきたのである。

 いまやカンボジアは、スーダンにPKO部隊を送って、平和
構築を助ける側に回った。こうして「自由と民主主義、市場経
済と法の支配、そして人権を尊重する国々」が、「岩礁が島に
なりやがて山脈をなす」ようにつながって、「自由と繁栄の弧」
をなしていく。

■5.我が国の3つの役割■

「自由と繁栄の弧」の実現に向けて、我が国はいかなる役割を
果たせるのか。麻生首相は以下の3点を挙げる。

 第一はアジアの中での「実践的先駆者」であること。政治
・経済体制の近代化、民主主義の定着や公害の克服など、これ
から多くの国々が直面しなければならない問題に、我が国はア
ジアで最初に取り組み、幾多の失敗を乗り越えつつ、成功して
きた。民主主義や人権というと、欧米の専売特許のように考え
る人が多いが、日本はアジア最初の近代憲法制定以来、すでに
120年の歴史を持つ古手である[c]。

 第二に、安全保障面での自衛隊と日米同盟、経済面でのOD
A(政府開発援助)等によって、我が国は「安定装置」の役割
を果たしている。

 経済力については、中国を含めた東アジアから、インドなど
南アジアまで合算しても、日本のGDPの90%にしかならな
い。1998年から99年にかけて、アジア諸国は軒並み通貨危機に
襲われたが、日本は不況のただ中にもかかわらず2兆円規模の
支援を行って、危機克服を支援した。

 また我が海上自衛隊は海軍力としては世界第6位と評価され
ており、1位の米国との日米同盟によって太平洋からインド洋
までの安全が保たれている[d]。

 第三に、以上の卓越した経験と力を持っているにも関わらず、
我が国はアジア各国と「対等な仲間」としての交流を積み重ね
てきた。イラクを支援した自衛隊がサマーワの人々に中に溶け
込み、地元新聞から「『古きニッポン』の子孫として愛情と倫
理に溢れた人々」と絶賛されたのが、その一例である[e]。

■6.すでに豊富な支援実績■

 この3つの役割において、我が国はすでに多くの支援実績を
上げている。

 アフガニスタンでは、元兵士の社会復帰を助けるために、職
業訓練センターを9カ所、設立した。サウジアラビアでは自動
車整備を教える自動車技術高等研修所、トルコでは自動制御技
術教育改善プロジェクトを進めるなど、人作りに重点をおいた
支援活動を行っている。

「自由と繁栄の弧」のさらに西側には、東欧諸国がある。
1990(平成2)年1月、東西を隔てていた壁が崩れたばかりのベ
ルリンへ行った海部俊樹首相は、ポーランド、ハンガリーに総
額19億5千万ドル、日本円にして2800億円以上に上る支
援策を発表し、実行した。支援の一環として、両国からその後
の12年間で13百人以上の研修生を受け入れ、市場経済化の
ための人材育成に貢献している。

 ボスニア・ヘルツェゴビナでも、95年に紛争が終わるや、米
国に次ぐ5億ドルもの金額を援助し、平和の定着、市場経済化、
環境の3つの分野で支援を行った。「何で日本がそこまで」と
かえって不思議がられたそうだが、現在では「一番実のある支
援をしてくれたのは、結局日本だった」と言われている由。

■7.ニューデリーの地下鉄にて■

 3つ役割は、おもに日本政府を通じてなされるが、実際に支
援を行うのは、一人一人の日本人である。

 平成17(2005)年の暮れに、麻生氏が外務大臣としてインド
を訪問した際、首都ニューデリーに完成したばかりの地下鉄を
視察した。これは日本のODAを使って建設されたもので、駅
には日本とインドの大きな国旗が掲げられており、日本の援助
で作られたということが大きな字で書いてあった。改札口にも
大きな円グラフで「建設費の約70パーセントが日本の援助で
ある」ことが、表示されていた。

 その配慮に感激した麻生氏が、下鉄公団の総裁にお礼を言う
と、総裁は次のような話をしてくれた。[1,p10]

 自分は技術屋のトップだが、最初の現場説明の際、集合
時間の8時少し前に行ったところ、日本から派遣された技
術者はすでに全員作業服を着て並んでいた。我々インドの
技術者は、全員揃うのにそれから10分以上かかった。日
本の技術者は誰一人文句も言わず、きちんと立っていた。
自分が全員揃ったと報告すると、「8時集合ということは
8時から作業ができるようにするのが当たり前」といわれ
た。

 悔しいので翌日7時45分に行ったら、日本人はもう全
員揃っていた。以後このプロジェクトが終わるまで、日本
人が常に言っていたのが「納期」という言葉だった。決め
られた工程通り終えられるよう、一日も遅れてはならない
と徹底的に説明された。

8.「日本の文化そのものが最大のプレゼントだった」

 日本人技術者たちの姿勢は、インド人の姿勢を変えていった。

 いつのまにか我々も「ノーキ」という言葉を使うように
なった。これだけ大きなプロジェクトが予定よりも2か月
半も早く完成した。もちろん、そんなことはインドで初め
てのことだ。翌日からは運行担当の人がやってきた。彼ら
が手にしていたのはストップウォッチ。これで地下鉄を時
間通りに運行するように言われた。秒単位まで意識して運
行するために、徹底して毎日訓練を受けた。その結果、数
時間遅れも日常茶飯事であるインドの公共交通機関の中で、
地下鉄だけが数分の誤差で正確に運行されている。これは
凄いことだ。


 我々がこのプロジェクトを通じて日本から得たものは、
資金援助や技術援助だけではない。むしろ最も影響を受け
たのは、働くことについての価値観、労働の美徳だ。労働
に関する自分たちの価値観が根底から覆された。日本の文
化そのものが最大のプレゼントだった。今インドではこの
地下鉄を「ベスト・アンバッサダー(最高の大使)」と呼
んでいる。


 自由の前提はルールを守ることであり、繁栄の前提は労働を
美徳とすることだ。そのような価値観を身につけた国民が「自
由と繁栄」を勝ち得る。

 ODAに従事する技術者、PKOで派遣された自衛隊諸士、
NPOのボランティアたちが、相手国の国民の中に入っていっ
て身をもって、これらの価値観を伝えている。こうした人作り
こそ「自由と繁栄」のインフラなのである。

■9.「新しい日本人像」■

「自由と繁栄の弧」へ向けて、相手国の中に入っての努力は、
相手側を変えるだけではない。日本人自身も変えていく。

 平成18(2006)年7月29日、麻生氏は小泉総理(当時)と
ともに、イラクに派遣された最後の陸上自衛隊部隊の隊旗返還
式と慰労会に出席した。

 ここで見た若者たちは、年格好からするとその多くは二
十歳そこそこです。それが揃いも揃って、実にいい顔になっ
ていたことを、私は生涯忘れえぬであろうと思います。
「こんなに立派にしていただいて」。親御さんから感謝さ
れ、話が随分あべこべだとは思いましたが、見違えるよう
に頼もしくなった息子を前にすれば、親ならそう言いたく
もなります。入隊時の宣誓に言う「事に望んでは危険を顧
みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に
こたえる」を実践して灼熱のイラクで善行をなし、いかに
も達成感を得た表情がそこにありました。

 この時まで延べ7千6百人(航空自衛隊含む)の隊員が、
イラク・サマーワの地で人道復興支援活動に携わりながら、
盗みや暴行はおろか、軽犯罪の一つすら起こしておりませ
ん。そのことでイラクの人々と、一緒に働いたオランダや
英国、豪州の軍人たちから尊敬を勝ち得た自衛隊員諸君こ
そは、新しい日本人像を率先垂範、示してくれたのです。

[2,p10]

 人間は、世のため人のための使命を抱いた時に元気になり、
困難を通じてそれをやり遂げた時に、自信を得る。

「自由と繁栄の弧」を創るという国家的使命感は、日本人に元
気を与え、その挑戦を通じて、自信に満ちた新しい日本人像を
生み出そうという試みでもある。


日本



enjoy korea
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfree&nid=377497



↓読んだらぽちっとおながいします↓

JUGEMテーマ:ニュース


author:玉置 麗華, category:[国際]ニュース, 18:33
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:33
-, -, pookmark