RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【日台】明治政府初の海外出兵『牡丹社事件』伝承する記念式典開催
【台湾】明治政府初の海外出兵、牡丹社事件から135年 現地で伝承のための記念式典が行われる[05/30]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1243659249/

1 名前:´◇`)<誤訳あったらごめん。@シャイニング記者。φ ★[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 13:54:09 ID:???

牡丹社事件から135年 台日が手を携えて追悼
---
135年前、当時清朝は日本に対して「台湾は化外の地」だと述べてきた。
日本が軍を派遣し、大挙して屏東に上陸した際、原住民たちは勇敢に抗戦したが、最後には敗れてしまった。後に牡丹社事件と呼ばれるものである。
牡丹郷公所と屏東県政府は29日、「牡丹郷石門古戦場入口」の除幕式を行った。
式典には20名あまりの日本、アジア各地の学者が招かれ、牡丹社事件は「愛と平和」という新たな意味を与えている。

1874年に発生した悲惨な牡丹社事件の現場となった牡丹郷石門は、100年余りが経過して時代と共に移り変わり、日本の沖縄から来た子孫や牡丹の原住民の子孫が、お互いの先祖が血を流した場所で、手を取り合って戦場の入口というシンボルと当時の状況を描いた壁画の除幕を行うようになった。
これは和解の象徴であるとともに、「戦場」が新たな生命を生んだことを意味している。

生々しく描かれた戦史の壁画のほか、入口のシンボルのアーチには、当時の抗日の戦いで命を落とした阿魯古の銅像が建てられた。
像は、刀と弓矢を持ち、甕の上に屹立している姿を描いている。
牡丹郷長の林傑西と、沖縄大学の佑吉盛清(*1)教授によって除幕され、その雄大さに引き込まれた多くの人々が写真を撮っていた。

林傑西は、「135年前に発生した牡丹社事件は歴史の過ちであり、そのアクシデントは太平洋の2つの大種族を戦争状態にまで発展させた。
古戦場では無数の人命が失われたが、135年後の今日、両国の人々が愛と平和によって文化交流を行い歴史の傷跡をいたわった。当時の事件が今後も語り継がれる歴史となるよう牡丹社事件記念公園を建設するため政府に協力をお願いしたい」と語った。

★ ソースは、自由時報 [台湾] とかから訳。
http://www.libertytimes.com.tw/2009/new/may/30/today-p7.htm (中国語・繁体字)

★ 画像。
台湾 牡丹社事件
ttp://www.libertytimes.com.tw/2009/new/may/30/images/bigPic/600_116.jpg

★ 訳註。
(*1) 原文まま。下の記事のとおり沖縄大学人文学部の又吉盛清教授と思われ。

★ 台湾出兵。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E5%87%BA%E5%85%B5 (Wikipedia)


台湾『牡丹社事件』から135年 明治政府初の海外出兵
---
1871年、台湾最南部に漂着した宮古島の住民54人が先住民族に殺されたのを受け、3年後の74年5月に日本が台湾に出兵した「牡丹社事件」を伝承する記念式典が29日、事件の舞台となった屏東県牡丹郷で行われた。

事件勃発(ぼっぱつ)の背景には言語や風習、文化が全く異なる人たちの突然の遭遇があったとされる。明治政府初の出兵となり、先住民族側にも多くの死者が出た。

今年は出兵から135年に当たる。
事件の調査を通して地元との交流を続ける又吉盛清沖縄大教授はあいさつで「戦場だった場所が今は平和と愛の場になった。交流をもっと広めましょう」と訴えた。
(屏東=台湾南部・栗田秀之)

★ ソースは、東京新聞 [日本] とか。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009053002000079.html

▽関連記事
台湾・基隆 大日本帝国が整備した港湾(牡丹社事件の記述が少しだけあります)
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=1389

灯里「ほへ〜、そんな事件があったんですか〜」
アリシア「そういえば、『牡丹社事件(日本では台湾出兵)』の記事はまだ書いてなかったわね」
灯里「自由時報の記事だと、日本がいきなり攻め込んだように書かれてますけど、東京新聞の記事は『台湾最南部に漂着した宮古島の住民54人が先住民族に殺された』と書かれてますよね?」
アリシア「それが発端なのよ。八瑤湾に宮古島の清国朝貢船が漂着したの。そこのパイヤン族は普段から略奪・虐殺を行う漢族を目の敵にしてたの。そこへ琉球人が漂着した」
灯里「まさか・・・ひょっとして・・・」
アリシア「そう、パイヤン族はその漂着した琉球人を漢族と思って54人を殺したわ。逃げ延びた12人は漢族集落から支那を経由して那覇に送り返された。つまり漢族のためにとばっちりを受けたわけね」
灯里「それで、攻め込んだんですね」
アリシア「いいえ、その後も殺されはしなかったけど、岡山の住人が略奪されるという事件があって、そこで日本政府はまず清国に抗議をしたんだけど、『台湾は化外の地(清の威光が届かない地)』と言って、我関せずの態度を取ったの」
灯里「つまり、台湾は清の領土じゃないから勝手にしろ、と?」
アリシア「簡単に言うとそういう事。そして『国民を殺害した事に対する報復措置』として台湾に出兵する事になったのよ。北京会談の互換条約によると、清国もこの出兵を保民のための当然の『義挙』と認めていたらしいわ。細かいところははしょって簡単に説明するとこんな感じね」
灯里「不幸な出来事ですけど、それをお互い乗り越えていけるって、素敵な関係ですよね」
アリシア「ただ、自由時報の書き方も腑に落ちないし、馬政権でやるのもどうもなんとなく嫌な感じなのよね。変に歪曲されなければいいのだけど・・・」



牡丹社事件 台湾出兵

↓読んだらポチッとおながいします↓

JUGEMテーマ:台湾ニュース


author:玉置 麗華, category:[台灣]ニュース, 23:50
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:50
-, -, pookmark