RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【台湾】台湾日本統治時代の『花車』公開 天皇、総督用の客車
台湾日本統治時代の『花車』公開 天皇、総督用の客車

台湾 SA4101天皇花車 日本統治時代の台湾で製造された天皇や総督用の客車「花車」が、台湾の鉄道記念日に当たる9日、台北郊外の保管車庫で一般公開され=写真、老若男女が熱心に見学した。

 台湾鉄路管理局(台鉄)によると、天皇花車は1912年の製造で、23年、当時皇太子だった昭和天皇が台湾西部を視察した際に乗車した。花車は計3両が現存し、文化資産として厳重に保管されている。

 一般公開では、鉄道ファンらが車外からステンドグラスや精緻(せいち)な彫刻など内部の装飾に見入った。台鉄を退職した男性(65)は「職員でも見学できなかった。上等で美しい」、幼稚園を休んで母親と来た6歳の男児は、「最高」と感激していた。

 台湾の鉄道は、清朝統治時代の1887年6月9日に台北−基隆間が着工されたのが始まりで、この日が「鉄路節」(鉄道記念日)になっている。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009061002000085.html

▽関連記事
2010年、戦前の「御料車」のコピーが、一般開放されます
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=6389

▽関連動画

藍華「毎回だけど、やっぱ台湾は良いわ」
アリス「物の価値がちゃんと分かるんですよ。でも東京新聞だけあって陛下を呼び捨てですか」
灯里「やっぱり、機械じゃなく人の手で作られた物って、作った人の気持ちがいっぱい詰まってて素敵だよね」
藍華「恥ずかしいセリフ、禁止っっっ!!!」



台湾 もうすぐ夏ですね

↓読んだらポチッっとおながいします↓

JUGEMテーマ:台湾ニュース


author:玉置 麗華, category:[台灣]ニュース, 23:32
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:32
-, -, pookmark