RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【国内】最古級の新羅写経に角筆の文字〜新羅語が片仮名に影響か
【歴史】 最古級の新羅写経、東大寺「大方広仏華厳経」に角筆の文字〜新羅語が片仮名に影響か[06/12]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1244879360/

1 名前:蚯蚓φ ★[sage] 投稿日:2009/06/13(土) 16:49:20 ID:???

 奈良・東大寺所蔵の経典に、新羅語の文字や抑揚を表す符号「梵唄譜(ぼんばいふ)」(節博士)が角筆(かくひつ)で多数書かれているのが見つかり、最古級の8世紀の新羅写経とわかった。小林芳規・広島大学名誉教授(国語学)が同寺図書館発行の「南都仏教」第91号に発表した。奈良時代に朝鮮半島の仏教文化が色濃く影響していたことを示す貴重な発見だ。  (編集委員 柳林修)

 角筆は、木や竹などの先をとがらせた筆記具。墨を付けずに紙をへこませて書く。判読が難しく、1961年に小林氏が世界で初めて古文書にその痕跡を発見。今では全国で約3500点、中国や韓国などでも見つかっている。

 今回、「新訳華厳経」80巻のうち、巻12〜20を1巻にした「大方広仏華厳経」(8世紀)を、斜光を当てて調査。角筆で書かれた文字や梵唄譜を多数確認した。たとえば、「是法」の間に書かれた「●(記者注:「叱」のくちへん部分が0のような楕円)」は「叱」の草書で日本語の「ノ」に、「尓(その)時」の右下の「●(記者注:「ら」のような文字)」は「良」の草書で「ニ」に、それぞれ相当する新羅語の助詞で、漢文を新羅語で訓読するための仮名だった。

 また、「利」を略したとみられる角筆独特の新羅語の文字「リ」もあった。日本の片仮名「リ」に似ており、平安時代初期(9世紀)に漢字を略して生まれたとされる片仮名が、実は新羅語の影響で出来た可能性も指摘されている。

 角筆や紙質、合巻経の様式などから、この華厳経は同寺では初の新羅写経と判断された。新羅写経の使用目的について、小林氏は「勘経(かんぎょう)」を挙げる。勘経は写経を確かなものにする照合作業で、その際に原本に近く信頼性の高い新羅写経が使われたとみる。

 新羅写経の存在は、東大寺に新羅語のわかる僧侶がいたことを示し、その国際性を物語る。現に、752年の大仏開眼会ではインド僧の菩提僊那(ぼだいせんな)が開眼導師を勤めた。小林氏や韓国の学者は今年8月から共同研究を行い、全容を解明する。

 近年、京都・大谷大所蔵の経典「判比量論(はんひりょうろん)」(8世紀、国重文)でも同様の書き入れが見つかり、新羅写経と判明した。しかし、110行の経典で書き入れはわずか。今回の経典は1141行もあり、多数の書き入れの発見が見込まれることから、新羅語研究の進展に大きく寄与することは確かだ。

 今回の華厳経と同一セットとされる正倉院宝物の華厳経を、紙質や書式などから新羅写経と指摘する山本信吉・元奈良国立博物館長(文献史学)は、こう指摘する。「中国・唐との交流が主流の奈良時代に、朝鮮半島の仏教文化の影響が底流にあったことを確かな証拠で示した。朝鮮半島の影響をもっと考えるべきだ

 東大寺は奈良仏教の中心をなしていた。それだけに今回の発見は古代仏教史はもちろん、国語学や朝鮮古代史をも解明する重要な手がかりになりそうだ。

ソース:読売新聞朝刊6月12日版
<8世紀 最古級の新羅写経/東大寺所蔵の「大方広仏華厳経」>ネット上になし。
手入力:http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1244703673/73-74

灯里「また朝鮮半島との関係ですか・・・いい加減にしてください」
藍華「一字一句まで読み解く気はしないけど、とりあえずこっちみんな」
アリス「『リ』に似た言葉ぐらいどこにもありそうですが」

2 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
アホだな

3 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
また、はじまった

もう飽きたから別のパターンを考えてくれ

4 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
たった一文字「リ」が似てれば起源主張か。
馬鹿め。

5 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
チョンコロは死ねよ

6 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
新羅語が現存してない罠

7 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
カタカナって漢字から生まれたんじゃないの?

8 名前:七海
はいはい、後進国が先進国日本に影響を与えたと言いたいのね

ホルホルしとけ

9 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
片仮名の由来なんて議論の余地なく漢字だろ…

14 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
その前に新羅語を教えてくれ。

17 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
まぁ新羅と朝鮮人も無関係だしな

23 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
東大寺のあゆみ
http://www.todaiji.or.jp/index/rekisi/gaisetu.html
この金鐘山寺において、天平12年(740)のこと、後に東大寺初代別当となる良弁が主宰して、我国で初めて、『華厳経(大方広仏華厳経)』の講読がはじめられ
ました。
この講義は、新羅で華厳(けごん)経の教えを学んだ大安寺の審祥を講師に招き、『六十華厳』といって、ブッダバドラ(仏駄跋陀羅:359−429)という人が中国語
に訳した60巻本の『華厳経』をテキストとして進められました。
また注釈書には、中国華厳宗の第三祖で華嚴教学の大成者といわれる法蔵(賢首大師)が著した『探玄記』が用いられたといいます。
   


28 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
>中国・唐との交流が主流の奈良時代に、朝鮮半島の仏教文化の影響が
>底流にあったことを確かな証拠で示した。

ちょっとした例が見つかっただけでそれが底流って,アホ?
それとも,在日or成りすまし?

29 名前:karon
>判読が難しく、1961年に小林氏が世界で初めて古文書にその痕跡を発見。
はいはい小林氏の自己ソース。

31 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
百済語と違うのか?
つか新羅語ってどうなんだろ?

39 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
権威を高めるため世界中の僧侶を集めて仏教経典を編纂してたんだろう。
読売は東大寺の国際性を伝えてるつもりでも
鮮人に掛かれば「授けてやった」になるんだよ。

日本人の日韓友好と鮮人の韓日友好は同じ物ではない。
鮮人という生き物の習性を早く理解しなさい。

49 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
これ逆だぞ。何時だったか忘れたけど、日本の僧侶が新羅人に
教えるために付けた印とか言ってたと思う。



乱れ飛ぶ怪電波

↓読んだらポチッっとおながいします↓

JUGEMテーマ:歴史


author:玉置 麗華, category:[国内]日本史, 22:29
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:29
-, -, pookmark