RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【日本史】1945年8月15日以後 台湾と朝鮮で起きたこと。
◆1945年8月15日以後 台湾と朝鮮で起きたこと。 体験した2人の大学教授から直接私が聞いた話。 【実話だと思う】

台湾

その教授は台湾の旧制中学校に通う中学生でした。

1945年8月15日。

 

日本は第二次世界大戦に敗れました。

翌日、その中学校(今の高等学校)の先生は

「日本が負けたのは科学でアメリカに劣っていたからだ。

君たちはアメリカに負けない学問を身に付けろ」

 

それから日本引き揚げの翌年3月までのわずか7カ月で

旧制中学課程4年間の勉強すべてを教えたそうです。

教える方も、それを学ぶ方もすごかったと思います。

 

その生徒はそれから東京大学に進み、

民間企業を経て、超有名私立大学の教授になりました。

「sakuraさん、人間、必死になればなんでもできますよ」

と教えてもらいました。

 

 

 

 

朝鮮

その教授は、朝鮮北部の小学生でした。

1945年8月15日。

 

半島で暮らしていた日本人の総引き揚げが始まります。

日本人が集団で半島南部の釜山を目指しました。

引き揚げる過程で造線人の略奪が始まります。

 

「日本人を狙った造線人が村ごとに立っているのです。

腕時計などの財産を渡さないと通してくれません。

ある日本人家族は最後には何もなくなりました。

 

その時、

造線人の男はその日本人の娘さんを指差すのです。

そのお父さんは苦しかったでしょう。

でも、造線人は武器を持って通すことを許さないのです。

お父さんは泣く泣く、娘さんを造線人に渡しました。

その娘さんは弄ばれた上で殺されたのでしょうねえ」

 

自宅で、悲しそうにその話をしてくれた先生は

某国立大学教授で、その分野では超有名な碩学です。

 

 

 

 

私は二人の先生からじかに聞いたこの話を忘れません。

 



enjoy korea
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=2731288(リンク切れ)


↓読んだらポチッっとおながいします↓

JUGEMテーマ:歴史


author:玉置 麗華, category:[国内]日本史, 23:53
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:53
-, -, pookmark