RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
世界的な嫌がらせ?
中国人をハングルで歓迎、ジンバブエ「しまった…」

アフリカ・ジンバブエ観光庁が、中国観光業界の代表団を迎えるため掲げたプラカードに、中国語の代わりにハングルで文を書いたハプニングがあった。ジンバブエの「フィナンシャル・ガゼット」紙が報じた。

同紙の最新号によると、ジンバブエ観光庁は最近、中国観光業界の代表団を歓迎するプラカードを空港に掲げたが、その内容がハングルで記されていて中国人らを当惑させた、とのこと。ジンバブエ観光庁側はそうしたことに全く気付かなかったが、中国代表団が週明けに記者会見する途中、その事実に触れた後、一歩遅れて状況を把握した模様だ。

同紙によると、観光庁は今後似たようなことの再発を防ぐため中国人の通訳士を雇用する計画だ。最近ジンバブエ政府と関連業界が中国人観光客の誘致に全力を挙げているなか招かれた今回の事態について、フィナンシャルガゼットは「中国代表団が最大の競合国家のひとつである韓国のハングルで出迎えられたことについてそれほど良い印象を受けていないだろう」とした。

【ソース】中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84322&servcode=400§code=400



宗主国様が属国の便所文字で出迎えられるとは、最大の屈辱でしょうねwwwwwww

それとも、やっぱりここからも嫌われてるのでしょうかね。



グレナダ政府、台湾の曲を演奏で中国に謝罪

[ポートオブスペイン(トリニダード) 4日 ロイター] 中南米カリブ海のグレナダで、中国から贈られたクリケットスタジアムの完成式典の最中に警察のバンドが誤って台湾が国歌と呼んでいる曲を演奏し、政府が中国に謝罪するという事件が起きた。

 グレナダのキース・ミッチェル首相は3日遅くに声明を発表。同演奏を「不注意による誤り」としたうえで、原因の究明に全力を挙げると表明した。

 現地住民らによると、錢洪山・駐グレナダ大使ら中国側出席者は一様に明らかに困惑していたという。

 同首相はさらに「心からの深いお詫びを再度申し上げたい。今回のことで私は心を痛めています」と述べた。

【ソース】ロイター
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyID=2007-02-05T163558Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-245816-1.xml



これはwww

大陸の正統政府を『中華民国』だと思っていたんじゃないの?



▽関連記事
【アフリカ】「メード・イン・チャイナ」と書かれたTシャツを引き裂く…なぜ今アフリカで反中感情が…?[02/05]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170644751/



東トルキスタン


↓皆さんのクリックが励みになりまつ☆↓
 


author:玉置 麗華, category:[中国]ニュース, 23:38
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:38
-, -, pookmark